Posted at

SORACOM Kaleidoscopeでデータの温かみを可視化する

More than 1 year has passed since last update.

4月1日、「SORACOM Kaleidoscope」がリリースされたので、さっそく使ってみました!


SORACOM Kaleidoscopeとは?


SORACOM Kaleidoscope(以下、Kaleidoscope) は、SORACOM Harvestで蓄積されたデジタルデータに対して、そのデータが織りなす模様を可視化するビューを提供するサービスとなります。

SORACOMユーザーコンソールに浮かび上がる模様は、元となるデジタルデータにより刻々と変化するため、利用者はその模様を見ることで、デバイスの状態やデータの良し悪しを模様のニュアンスで感じることができます。

またKaleidoscopeの利用には難しい設定やサーバの準備などは必要なく、弊社独自のAXロジック(※)が自動的に模様を生成するため、非常に簡単に利用して頂くことができます。

(※) アナログトランスフォーメーションロジック。当社自身も内容を理解していないことから、内容は非公開となります。


とのこと。

詳細はこちら!

リリース

https://soracom.jp/press/2018040101/

リリースブログ

https://blog.soracom.jp/blog/2018/04/01/kaleidoscope/

サービス

https://soracom.jp/services/kaleidoscope/

※getting startedもあります


さっそく使ってみる


1. 準備

以前のエントリーで使用した、HUAWEIのUSBドングルとGlobalSIMを利用します。

※WioLTE PoCセットでちゃんとセンサー値とって流すのも面白いですね!

 今回は手っ取り早くデータを流すため、pythonで書いたシミュレータを使いました。

HUAWEIのUSBドングルとGlobal SIMでの通信開始については、「SORACOM Global SIMをミャンマーで使ってみた」をご覧ください。

Kaleidoscopeでデータを可視化するには、SORACOM Harvestにデータを蓄積する必要があります。

SORACOM Harvestの利用方法は公式ページ、もしくは、「2016-12-24

SORACOM Harvest + AWS Lambdaでウィンドウ処理やってみた」
をご覧ください。


2. Kaleidoscope!!

データがある程度蓄積されたら、SORACOMコンソールのKaliedoscopeページにアクセスしてみましょう!

https://console.soracom.io/#/data_kaleidoscope?coverage_type=jp


デバイス選択前

「リソースを選び、感じなさい・・・」

怪しい。。。。


デバイスを選択

SIMを選択すると、まずは普通のHarvestによる可視化がされます。

図中の赤で囲った部分、Kaleidoscopeボタンを選択すると、Kaleidoscopeが表示されました!!

綺麗な紋様だけでなく、見慣れた、あのアイコンもありますね。

どうも、「データの温かみ」だけではない要素も可視化されるようです。

コンソール右上の自動更新をONにしておけば、蓄積されているデータの量に合わせて、Kaleidoscopeも変化していくようです。





データの可視化で癒しを得られるなんて、画期的なサービスですね!


おまけ

私の所属するAcroquest Technologyは、このKaleidoscopeのプレスにエンドースメントを出しています。

英訳プレスで、何とかニュアンスを伝えようとしているのが、面白いwww

ぜひ、日本語版、英語版、見比べてみてください。

日本語プレス:https://soracom.jp/press/2018040101/

英訳プレス:https://soracom.io/en/press/2018040101/