Help us understand the problem. What is going on with this article?

動画本「Augmented Reality」

プロジェクトの概要

このアプリケーションの主な目的は、カメラ付き携帯電話によって、本のストーリーを動画で再生することです。例えば画像をキャプチャした後、携帯カメラを桃太郎のストーリーブックの画像に指し示すと、アプリケーションは画像を検出し、画像を動画に変換します。

課題

インドネシア人は本を読む興味持っている人が少なくなる。
結構61国から60番になった、下の写真をご覧ください。
Picture2.png
src : http://www.thejakartapost.com/life/2016/08/29/indonesia-ranks-second-last-in-reading-interest-study.html

インドネシア人は91,5%テレビを見ることが好きで、のこるパーセンテージは雑誌とか本とか読むすることが好きです。つまりインドネシア人は動画を見ることがすきと思うています。
Picture1.png
src : https://www.aiya.org.au/2017/09/are-indonesians-really-not-interested-in-reading/

目的・ゴール

AR 動画本の主な目的は、画像をキャプチャしてビデオに変換することで、ストーリーブックの全文を提供することです。 ユーザーはストーリーについての画像と短い説明を表示するだけでなく、AR 動画本のアプリはユーザーが本の完全なビデオストーリーを見ることができます。
このアプリは、物語を読むのが好きな人や本を読む時、AR を使って新しい経験をしたいという人のためのアプリケーションです。

ワイヤーフレーム

w1.png

プロトタイプ

w2.png


Capture.PNG

Capture1.PNG
Video : https://youtu.be/7BJcbPiD4k0

フローチャート

w3.png

機能要件

アプリケーションの主な目的は、画像をキャプチャし、関連情報を画面に表示することです.
Start Camera : カメラからアプリにアクセスする。 作業中のカメラは、ユーザの利便性に応じてバックカメラとフロントカメラにすることができます。
Detect Object : カメラはオブジェクトに向かってポイントし、それを検出し、ユーザーは画像を撮る必要はなく、画像は自動的に撮影されます。
Gather Information : オブジェクトを検出した後、すべての関連情報をロードする必要があります。
Create AR object : 検出されたオブジェクトに基づいて、ARオブジェクトが作成され、画面に表示されます。

一般的な要件

ハードウェア
- カメラ付きスマートフォン
ソフトウェア
- Unity 3D 5.5.1 & Vuforia
- 最小のAndroid OSプラットフォーム API Level Android 5.0 Lollipop

将来構想

将来的に追加できる機能:
1. サーバーからのデータ・アセットの接続
2. もっとストーリーブックをキャプチャすることができます
3. ストーリーブックを選択する
4. 再生機能..

もらったフィードバック

1.AR技術はGoogle Glassと統合して、町のディスプレイアイコンがmovieになって見える。
2.観光スポット説明書いてところ読めないけどう、AR技術を使って観光の情報を動画に変換して見られる。
3。言葉を勉強したい人が例えば文字を読んでよく理解できないならAR技術を使って文字からキャプチャして動画を変換してもっと理解し安いと思うています。
4.子供たちが海外から全然日本語分からない、AR技術を使って日本語書いた文字を自分国の言葉で変換することができたら良いと思うていました。
5.高齢者は物を買う時その物の使え方とかどうやって設定するとか分からないで、文字を読みたいけどうでもマニュアルブックが小さい文字を書いたらあまり見えないで、画像をみってもあまり分からないですが、画像や文字をキャプチャしてビデオに変換することが手伝うそうと思いました。

ありがとうございます!

harfendybit
ハールフェンディと申します。 インドネシア人で、現在ITエンジニアとして本語学校で勉強しながらITのアルバイトをしています。 僕は成長し続け、複数の分野についての知識があることが重要だと思います。 毎日自分の能力を最大限に発揮できるように、 仕事で自分の知識の幅を広げるための新しいスキルを習得する機会を常に模索しています。
bit-okutama
外国人ITエンジニア育成を目的とした日本語学校です
http://bit-okutama.jp
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away