LoginSignup
5
4

LINQ For Cpp

Last updated at Posted at 2021-03-04

概要

  • C++で使えるLINQライブラリでネイティブに近い速度が出ます。
  • また遅延実行を行う事によってネイティブより早く動いたりもします。
  • Github Actionsで随時パフォーマンス測定しています。参考にどうぞ
    https://harayuu9.github.io/LinqForCpp/

環境

C++17以上
VC++, clang, gcc

導入

githubリポジトリのReleaseからダウンロードして導入します。
https://github.com/harayuu9/LinqForCpp
最新のReleaseのLinqForCpp.zipをダウンロードして展開します。
LinqフォルダもしくはSingleHeader/Linq.hppをプロジェクトに入れます。

Linqフォルダを要れた場合はLinq/Linq.h
SingleHeaderを要れた場合はLinp.hppをインクルードします。

Linq.h vs SingleHeader/Linq.hpp

どちらも使える関数は同じですがSingleHeaderじゃないほうがデバッグビリティが良いのでおススメです。

サンプル

といってもLINQなので使える関数は他の解説に投げつけます。
https://qiita.com/nskydiving/items/c9c47c1e48ea365f8995

基本

main.cpp
#include "Linq.h"
// もしくは
#include "Linq.hpp"

int main()
{
    // std::begin(arr), std::end(arr)を呼べるコンテナであればSTLでも配列でも自作コンテナでもなんでも使えます
    std::vector<int> arr = { 0, 3, 6, 1, 60, 35 };

    // コンテナに対して "<<" 演算子でLinqします。
    auto strArray = arr
        << linq::Where( []( const int val ) { return val > 10; } )
        << linq::Select( []( const int val ) { return std::to_string( val ); } );

    // マクロを使うことでより簡単にC#に近い形で掛けます
    auto macroStrArray = arr
        << WHERE( val, val > 10 )
        << SELECT( val, std::to_string(val) );

    // linq::ToVector(), linq::ToList() で
    // std::vector,std::listに変換できます
    auto str = strArray << linq::ToVector();

    // 範囲Forで回せます
    // もしLinqの結果をコンテナで受け取る必要のない場合 
    // linq::ToVector()でコンテナ化するより高速に動作する事が多いです
    for ( auto&& val : strArray )
    {
        std::cout << val << " ";
    }
    // {"60", "35"}
}

Allocation

STLをデフォルトのAllocatorで使えるプロジェクトはここは読み飛ばしても大丈夫です。
Linq/Allocator.hを書き換えることで独自のAllocatorを差し込むことが出来ます。(ToVector()等以外にも内部でAllocationを起こす関数があるので注意してください)
Allocator.hのサンプルを書いておきます。

Allocator.h
#pragma once
#include <cstdlib>

namespace linq {

// custom Allocator
template<class T>
struct Allocator
{
    using value_type = T;

    Allocator() {}

    template <class U>
    Allocator(const Allocator<U>&) {}

    T* allocate(const std::size_t n)
    {
        return static_cast<T*>(::operator new(sizeof(T)*n));
    }

    void deallocate(T* p, const std::size_t n)
    {
        ::operator delete(p, n);
    }

    template <class U>
    bool operator==( const Allocator<U>&) const
    {
        return true;
    }

    template <class U>
    bool operator!=(const Allocator<U>&) const
    {
        return false;
    }
};
}

最後に

足りない機能や高速化についてはIssueかPRしたください。

5
4
2

Register as a new user and use Qiita more conveniently

  1. You get articles that match your needs
  2. You can efficiently read back useful information
  3. You can use dark theme
What you can do with signing up
5
4