JavaScript
photoshop

【Photoshop】ExtendScript Toolkit を使いたくないけど使わざるを得ない時にやった事

Photoshop 内包の script言語は jsx という、ちょっと古い(Ecma3) javascript なのですが、その開発には Adobe から提供されている Extendscript Toolkit CC というものを使います。

参考 Adobe Bridge CC自動化作戦 ExtendScript Toolkit CCについて
http://www.openspc2.org/book/BridgeCC/intro/010/index.html

正確に言うと 使わなくてもいいのですが、jsx から $.writeln で出力する ログは Toolkit上のみで確認できるようなのと、DOMのブラウザーやデバッグ環境が用意されているので、使った方が開発がやりやすい事もあります。事もあるというのは、jsエディタとしてはあまりいけておらず、更新もされておらず、かつ、なんか重い感じで、要するに使いづらいのです。

と言う事で自分は IntelliJ IDEAで typescriptから jsx 書き出す開発をしてて、わざわざ CEP パネルを作って、そちらの chrome jsデバッガーにログを表示させていたりしたのですが、

参考 CEPスーパー メガ ガイド: HTML5+Node.jsでAdobeのツールを拡張する
http://aphall.com/2014/08/cep-mega-guide/

よく考えると同時におなじjsxソースを両エディタで開いていても問題なく、両者とも更新があると自動でソースを開き直してくれるので、コードはIDEA上で書いてデバッグ実行はExtendscriptでやればいいだけなのでした。 1年以上気づかなかった。。

本題は、以上です!

おまけ

Extendscript Toolkit CC は他のAdobeアプリケーションのスクリプトを書く時にも使えます。
Flash(=Animate)は jsx でなく、jsfl というまた別の js系 script なので、Extendscript Toolkit CC は使用しません。
(XDとかには script言語積まれないんだろうか。)

image.png
対応してそうなソフト