WordPress
MySQL
vagrant
adminer
ScotchBox

Scotch BoxとAdminerで簡単にローカルWordpress環境を作る

Wordpressでサイトを作った後に更新とか改修があるとサーバーで変更するの面倒ですよね。
そこローカルで簡単にWordpressを動かしてみる。
既存Wordpressをローカル環境に移植のケースで説明しますが、新規Wordpressサイト構築でも使えるかとー。
簡単なコマンドライン操作は出来る前提の内容です。

下準備

1. まずは必須なツールがインストールされてるか確認。なければ入れる。

2. FTPでWordpressサイトを落としてくる。

3. SQLファイルをDumpしてくる。

mysqladminが入っていれば、そこからエクスポート(Droptableにチェックして)する。

4. 今回のキモである便利ツール達をDLしておく。

AdminierはAdminer 4.6.1 for MySQLとかで良いと思う。

ここからセットアップ

1. ScotchBoxの準備

ScotchBoxをDLするとpublicフォルダがあるので、そこがサーバーのrootとなるのでFTPで落としてきたWordpressサイトをまるっとぶち込む。
publicフォルダの隣にあるVagrantfileを開くと下記の記述があり、これがローカルのアクセスURLになる。
これは変更してもOK。

config.vm.network "private_network", ip: "192.168.33.10"

これだとhttp://192.168.33.10でアクセスできる。

2. wp-config.phpの編集

ぶちこんだファイルにwp-config.phpがあるはずなので、それを開いて下記に変更する。

/** WordPress のためのデータベース名 */
define('DB_NAME', 'scotchbox');
/** MySQL データベースのユーザー名 */
define('DB_USER', 'root');
/** MySQL データベースのパスワード */
define('DB_PASSWORD', 'root');
/** MySQL のホスト名 */
define('DB_HOST', 'localhost');

3. Adminerの準備

Adminerはファイル名をdb.phpに変えてpublic直下に配置する。

4. SQLファイルの準備

dumpしてきたSQLファイルを開き、optionoption_idなどで検索するとsiteurlhomeが見つかるので、そこをVagrantfileのIP(アクセスURL)に変更する。

(1, 'siteurl', 'http://192.168.33.10', 'yes'),
(2, 'home', 'http://192.168.33.10', 'yes'),

変更出来たらadminer.sqlにリネームしてpublic直下へ配置する。

5. ローカル環境の立ち上げ

ここまできたらVagrantfileのある場所で下記コマンドを実装する。

vagrant up

立ち上がったらhttp://192.168.33.10にアクセスしてみる。
上手く行っていればWordpressのインストール画面が出ているはず。
ここではインストールはしない。

6. データベースの設定

http://192.168.33.10/db.phpにアクセスする。
sample01.png

下記でログインする。

Username : root
Password : root
Database : scotchbox

ログインしたら、DBにscotchboxを選んだ状態でImportを押す。
キャプチャ.PNG

上の画面になったら右のFrom serverの項目のRun Fileボタンを押す。

7. 完成

あとはhttp://192.168.33.10にアクセスすれば、問題なければWordpressサイトが表示されるはず!

雑感

もっとハイテクなWP-CLIや、それを使ったVCCWとかあるけども、個人的に大げさに思ってたのでWordpressサイトを触るだけならこれくらいでもいいのかなーと思う。

おまけ

ScotchBoxとAdminerを入れたフォルダは下記においてます。
これに既存サイトのWordpressファイル+SQLファイルか、新規のWordpressぶち込むと幸せになれる。
なれると5分くらいでサクッと立ち上げれるよー。

https://github.com/hanuman6/wp-rakuraku