Mac
Git
Node.js
homebrew
nodebrew

会社で新しいMacbook Proを買ってもらったので設定をメモ。

筆者はフロントエンドエンジニアで主にJS/HTML/CSS/PHPなんかを触ってWebサイト/サービスの開発してるような感じです。どなたかの参考になればー


環境


  • ハード: MacBook Pro (13-inch, 2017, Two Thunderbolt 3 ports)

  • OS: macOS High Sierra 10.13.6


初期化とアップデート

Command ⌘ + R を押しながら起動して、そこから初期化できる。

でも新品だと初期化してもそんなに意味ないので、とりあえず業務で使わないチェスとiMovieとGaragebandなんかをアンインストールしとく。

App StoreからOSのアップデートがあれば行う。

※僕の環境依存かもしれないが、OSアップデートするとログイン/リブートあたりのUIが所々英語になったので戻す。

$ sudo languagesetup

使用できる言語一覧が出てくるので日本語の[6]を打って再起動。これで治る。


Homebrew

まずはHomebrewをインストール。Xcode Command-Line Toolも一緒にダウンロードされる。

$ /usr/bin/ruby -e "$(curl -fsSL https://raw.githubusercontent.com/Homebrew/install/master/install)"

チェック&アップデート

$ brew doctor

$ brew update


Git

Xcode Command-Line Tool入れたら一緒にApple Gitも入ってGitは使えるが、一応最新のGitをHomebrewで入れる。

$ brew install git

.bash_profileがなければ作成して下記を追記する。

export PATH="/usr/local/bin:$PATH"

ターミナルを再起動すると最新Gitになっているはず。

$ git --version

git version 2.19.0

あとはユーザー名とメアドと日本語の文字化け対応を入れる。

$ git config --global user.name "{ユーザー名}"

$ git config --global user.email "{メールアドレス}"
$ git config --global core.quotepath false


nodebrew

Node.jsはバージョンを切り替えたいのでまずはnodebrewを入れる。

$ brew install nodebrew

~/.bash_profileに下記を追記する。

NODEBREW_HOME=/usr/local/var/nodebrew/current

export NODEBREW_HOME
export NODEBREW_ROOT=/usr/local/var/nodebrew

export PATH=$PATH:$NODEBREW_HOME/bin

終わったらターミナルを再起動しておく


Node.js

nodebrewからLTS版のNode.jsを入れたい。

まずは入れれるバージョンを確認。

$ nodebrew ls-remote

一覧が出てくるのそこからv8.12.0を入れる。

$ nodebrew install-binary v8.12.0

インストールされたか確認する。

$ nodebrew list

v8.12.0

current: none

currentが現在セットされてるバージョンで、noneになってるのでセットする。

$ nodebrew use v8.12.0

$ node -v
v8.12.0

nodeがちゃんと入ってるか確認。ついでにnpmも。

$ node -v

v8.12.0
$ npm -v
6.4.1


アプリのインストール



  • Alfred 3 => Spotlightのショートカット消して、「⌘ + space」をアサイン

  • Adobe CC

  • Coccinellida

  • Dropbox

  • OneDrive

  • Google Chrome

  • Firefox Developer Edition

  • Microsoft Office

  • PhpStorm

  • CotEditor

  • Slack

  • The Unarchiver

  • Transmit 5

  • VirtualBox

  • Vagrant

  • iTerm 2

  • Xcode

  • WinArchiver Lite

  • Google日本語入力


社内ツール


  • セキュリティソフトのインストール

  • VPNアカウント発行


その他環境設定


  • Siriを無効にする

  • 日本語入力のキー設定はMS-IME

  • トラックパッドはタップでクリックを有効に

  • Finderにフルパスを追加

$ defaults write com.apple.finder _FXShowPosixPathInTitle -boolean true

$ killall Finder


公開鍵設置

SSHやSFTPで使う公開鍵を置く。

.sshディレクトリを作ってそこに鍵をコピー。

ついでにconfigも置いておく。

$ mkdir -m 700 ~/.ssh

$ touch ~/.ssh/config

コピーした鍵だと怒られるので権限を変える

chmod 600 ~/.ssh/****


おわり

これくらいでだいたい設定終わった。

今日も頑張るぞい。