Hyper-V
WindowsServer
バックアップソフト
サーバーバックアップ
EaseUSTodoBackupServer

Microsoft Hyper-V Server 2016でEaseUS Todo Backup Serverを使ってみた

はじめに

こんにちは、はにおかさい( https://twitter.com/haniokasai )です。
Microsoft Hyper-V Server 2016で「EaseUS Todo Backup Server」でバックアップ、クローン、復元をテストします。

経緯

Microsoft Hyper-V Server 2016を使い始めたのに当たって、バックアップで厄介な問題が起きました。
Hyper-V ServerにはWin10のように「バックアップと復元(Windows 7)」(この名称は少し謎い)が付属されていません。ですから、サーバーのシステムをバックアップするのが億劫。
だからと言って、バックアップするたびに落としたくもない。でもバックアップしないと、Windows Updateをやり直す羽目になる。
てな訳で、市販の無料バックアップソフトを使おうと、、、でも、サーバーOSでは使えません
困ったことよ。金払いたくない。

記事を書いて少ししてから、こんなコメントが。
スクリーンショット 2018-11-28 1.47.58.png
記事をちょろっと編集してから数日後。
私のメール宛に(ホームページから確認したのでしょうか)レビューの執筆依頼が。自由に書いて良いと。
インセンティブもあるので引き受けることにしました。無料で使っていいと。
喜んで引き受けて今書いているわけです。

そもそもEaseUS Todo backupとは

Windowsで使えるバックアップソフト。無料版(デスクトップOS専用)もなかなか高性能で、差分バックアップもできます。Win10では標準でもできますが、バックアップソフトの方が都合がいいかも。無料なので、試してみるのが良いでしょう。
Win7時代は有料版を購入して使っていました(ライセンスキー無くしたので今は使えない)
ただし、ssdによっては動かないことがありますから体験テストはすべきでしょう。(サポートに聞いたら、あんままともに取り合ってくれなかった)

有料版ももともと高くないし、メール登録しているとクーポン乱発するので、急いでなければ割り引いて買えます。
今回は、サーバー版を使ってみたわけです。

インストール

Microsoft Hyper-V Server 2016でできるか不安でしたが、結局できました。
ダウンロードして https://jp.easeus.com/backup-software/server.html
USBメモリ等でデータをサーバーに移してやります。
ダウンロードができたら、当該のexeを実行してください。

tb_enterprise_trial.exe

image.png

日本語でインストールすると、文字化けして文字が見えないのでインストールは英語でして、後から日本語に変更。
image.png
image.png

英語。
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png
保存先のデフォは別のディスクにしとくべきでしょう。でないとバックアップの意味がありません。
image.png
image.png
image.png
インストール完了!起動テストをします。

起動、日本語化

起動

インストールされたフォルダに移動して、exeを実行しないといけません。デスクトップとかないので。

cmd.exe
cd "C:\Program Files (x86)\EaseUS\Todo Backup\bin"

TBConsoleUI.exe

image.png
少しすると起動します。少し待ちましょう。

日本語化

起動しましたら、画面右上のSettingsから日本語を選びます。
image.png

image.png

ホットバックアップ

新しいタスク から ディスク・云々を選択するとシステムバックアップが起動中にできます。
image.png

ファイルバックアップもできます。
image.png
バックアップしたいパーテーション、保存先(ターゲット)、プラン名を決めます。
image.png
オプション。
image.png

image.png
保存&実行でバックアップが開始されます。
image.png
次回はフル、差分、増分バックアップが選べます。
image.png
スケジュールでもバックアップ方法が選択できる。
image.png
P2V変換で仮想ディスクにもできる。
image.png

ブータブルディスク作成

もしもの時のためのディスクです。これを使って、コマンドプロンプトやMBRの修復、クローン、復元などができます。

左のメニューからブータブルディスクの作成。
image.png
WindowsPEを選びます。Linuxであるメリットはないです。
image.png
iso、USBディスクドライブ、光学ディスクが出力先として選べます。
image.png
しばし作成で待たされます。
image.png
Microsoftからダウンロード で OK。
image.png
作成されました。

image.png

クローン

メニュ左「クローン」を選択。
image.png
クローンの元と先を指定。
image.png
レイアウトでパーテーションを調整できる。
image.png
OK&実行
image.png
待たされる。
image.png
クローン完了。
image.png

クローンはUSBのSSDにして、それから起動したのですが、usb起動では問題あり。
image.png
image.png

しゃあないので中に取り付けた。
image.png
無事起動できました。
image.png

PreOS

TBの設定から、PreOSを有効にすると、起動時にブートローダーでTodoBackupのリカバリOSが起動できます。
WinPEのCDと変わりはなさそう。
image.png
image.png
image.png
image.png
image.png

バックアップイメージからの復元

起動ディスクを選ぶ。
image.png
エンターキーを押さないと通常起動しちゃう。
image.png
待つ。
image.png
image.png
すでにバックアップデータリストが見えます。適当に選んでrecovery。
image.png
復元先を間違えないように。
image.png
マウスでぐりぐりするとパーテーションの大きさが変えられます。
image.png
このSystemtransferはなにが違うのでしょうか、、、
image.png
Proceedを押して、復元を待つ。
image.png
完了!
image.png
ログが残ります。
image.png

このあと、復元されたHDDで起動してあげれば問題ないはず。

まとめ

よかった点
- ホットバックアップはまともにできる
- クローンも起動中にできる
- WinPEのレスキューディスクでも特に問題はなかった
- PreOSが使える
- 復元もそんなに手間取らない
- 仮想ディスクにバックアップイメージを変換できる

よくない点
- 機能の説明が一部曖昧で、どういう意味かわからないチェックボックスもある(割と切実)
- 無料版はサーバーOSで使えない(業界一般がそうらしいですが)

公式サイトでの説明が不足している感は否めず、記事編集にあたって困ることもしばしば。
そこは困りました。

でも、今回の記事で紹介した、「EaseUS Todo Backup Server」はコスパ的には比較的良好なので、Hyper-V Serverを無償で使っている方にはいいかもしれません。この記事の読者はある程度玄人でしょうし。
これで、安心してHyper-V Serverが使えそうです。
30日間の無償は体験がありますので、試してみるといいと思います。

EaseUS Todo Backup Server

Ref

https://www.rootlinks.net/2016/03/22/easeus-todo-backup-workstationのpreos有効化/