Help us understand the problem. What is going on with this article?

iOS6 -> iOS7変更対応

More than 5 years have passed since last update.

OpenGLとかUIKit関係

全体の感想としてFoundation->objcへの置き換えとか、UI* -> NS* への置換えからgccとかのobjcコンパイラとの互換性を意識したのかなって思いました。#知らんけど

時間がない状態でさらっと調べただけなのでいっぱい穴は有ります。

とりあえず

OSのバージョン調べるやつ

float osVersion = [[[UIDevice currentDevice] systemVersion] floatValue];

Foundation

NSString (iOS Category)

  • drawInRectで使用するenumのprefixがUI*からNS*に変わった。
  • UILineBreakModeだとかUITextAlignmentとかがNSLineBreakModeとかNSTextAlignmentとかに変わっている。

UIKit関連

全体

  • iOS7.0になりフラットデザインが適用されている。基本的に前のデザインに戻す方法はない。
  • 一部の色を変えたりしていると、デフォルトデザインから乖離して悪目立ちするので、個別に対応していく必要がある。
  • 見た目についてはUIAppearanceで解決するのが良い

UITableView

  • tableViewのインスタンスの扱いが微妙に変わっている
  • まだ詳細は把握出来ていないが、以前はインスタンスを使いまわしていたが、現在はインスタンスを生成しなおしている感じがある <要確認>
  • self.viewに対してbackgroundColor等を設定しており、ViewDidLoadでその設定が反映されていない場合はcellの呼び出し時に受け取ったtableViewで再度設定しなおすことで暫定対処できる。何が起こっているかは精査する必要がある。

UITableViewCell

  • backgroundColorの初期値が白になってる?

UIApplication

EAGL関係 (Quarts Core?)

CADisplayLink

  • invalid時に自動的にrunLoopへの登録を解除するようになった
  • 上記に伴い、既存の用にinvalid後にremoveRunLoopするとセグメンテーションフォールトで落ちるので注意。
hanapage
UnityとかiOSとかAR/VRとかOculusとかそういうの扱ってます。 CGプログラミングが本業だったけど、Unityの登場でいらない人になりました(:D)TL 最近はRaspberry PiやESP32を触ってます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした