Linux
Linuxコマンド

grep, nkfコマンドでバッファしないようにする

More than 1 year has passed since last update.

tail -f のあとに grep や nkf をつけること結構あると思います:relaxed:

その際、grepもnkfも結果をある程度バッファにため込んでから出力するので

リアルタイムに確認することができずにちょっぴり困ってました。

でも、あるんですね、ちゃんと考慮されたオプションが:heart_eyes:


grepは「--line-buffered」

tail -f test.log | grep --line-buffered


nkfは「-u」

tail -f test.log | nkf -u

これで一行ずつはき出してくれるようになるので、リアルタイムに確認出来ます。

なお、パフォーマンスが落ちると思われますので場合によっては注意が必要です