PHP
Mac
環境構築
SSL
laravel

仮想環境上のLaravelサイトがChromeでプライバシーエラーになる

現象

Homesteadで仮想環境を構築し、GoogleChromeでHome画面を確認しようたところ、「この接続ではプライバシーが保護されません」というエラーが発生してしまいました。
Safariでは閲覧できるのですが、メインブラウザがChromeであることもあり、なるべくならChromeで見られるようになりたい……
01.png

★開発環境
  • Laravel 5.6
  • Ubuntu18.04.1(Homestead7.14)
  • MacOS High Sierra 10.13.6

解決策

Developer ToolsのSecurityタブを開き、「View Certificate」を押下します。
02.png

すると、エラーが発生しているページの証明書が出てくるので、ドラッグ&ドラップでローカルに保存します。
(今回はデスクトップに保存しました)
03.png

保存したページ証明書をさらにキーチェーンアクセス(アプリケーション>ユーティリティ内にあります)の「システム」配下にドラッグ&ドロップ。
04.png

キーチェーンアクセスに追加した証明書をクリックし、「▼信頼」の中にある「この証明書を信頼するとき」を「常に信頼」に変更します。
(ここを変更したときに「SSL」以下の項目も自動で「常に信頼」に変更されると思います。必要に応じ変更してください)
05.png

証明書の設定ウィンドウを閉じ、Chromeを再起動します。
もう一度開いてみると、アクセスできるようになりました!
06.png

※参考リンク

Using self-signed SSL certificates with Postman(英文サイト)
Windows・Linuxの場合の解決策も記載されています。