Edited at

[イベントメモ]python入門@コワーキングスペース秋葉原|190321

イベント内容の備忘録です。


イベント名

[秋葉原] 超初心者向けPython入門会 (プログラミング初心者大歓迎!)


自分の参加目的


  • Python入門で必要だろう知識について、先人に教えをこい、理解を深めたい!

→期待値に見合った勉強会だった。何より、先生や他の参加者の方の雰囲気が楽して、あっという間だった!


主催者様側のゴール(私解釈)


  • pythonのライブラリ(pandas)でできることを見て、可能性を感じてもらう!


勉強会スタート!


pythonとは


  • 汎用プラログラミング言語。組込み系と相性が良い(raspberry pi)。作業の自動化。スクレイピング。Excelに向いていない大量データを扱うのに向いている

  • 初心者におすすめ書籍 「退屈なことはPythonにやらせよう ―ノンプログラマーにもできる自動化処理プログラミング」

  • 今回はgoogole colab環境でpythonを触るよ!

  • google colabはgoogle社が提供しているオンライン環境。1クリックでGPUに切り替え可能なので、大量データの扱いはめっちゃ早いとのこと!

  • エディタは、 jupyter notebook もおすすめ。実行結果やグラフが下列にすぐに出力されるのでわかりやすい!


  • print('便利でしょ'+'ね?'*10)  ←これ好き^^

  • 文字列はシングルクォーテーションまたは、ダブルクォーテーションで囲むこと。IF文、While文、関数は、タブ2回でインデント!


pythonのpandasライブラリとは


  • pandasとは、データ解析を支援する便利なライブラリ!

  • 雑多なデータをpandas(データフレーム)に入れることにより、解析がしやすくなる。データフレームとは、2次元のデータ構造を指す。縦軸はindex,横軸はcolumns。


jupyter notebook とgoogle colab のデータセットの読み込みの違い


  • 2つのエディタ(環境)共に、pythonを使える環境が提供されている

  • google colabはファイル読み込むときは、google driveに格納されているファイルを読み込む

from google.colab import files

uploaded = files.upload()


  • jupyter notebook はローカルフォルダのファイルを読み込む


データセットに使える政府機関のサイト(ただし手加工必要)


  • e-Stat

  • 日本政府が運営する統計サイト。

  • ただ、こちらの統計データは、Excel上で扱うことをイメージして作られているので、直でpandasで読み込むのはNG。

  • Excelの縦・横軸で不要な行を削除してから、pandasにInportするのが良い。

  • 言いたいことは、「pandasはなんでもやってくれる銀の弾丸ではない! e-Statは凄くいいデータを持っているので、使ってみるのが良いよ!」


感想


  • jupyterもgoogle colabも他の勉強サイトを通して触ったことがあったが、実際に使っている人から対面で聞くのは、自分の道具の使い方のブラッシュアップになっていい(こうやって使うといいよ〜)。

  • 先生も参加者の方も、いろんな職業・職種が混ざっていて、かつ和気藹々な空気感だったので、凄く楽しかったです。


参加者Slackチームで共有されたサイト(面白い!)