Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@halo57

ec2インスタンスを停止して起動したら中身が別物になった

More than 1 year has passed since last update.

問題発生の経緯

ec2インスタンスがメンテナンスのため再起動すると通知があった。
そのため、事前に影響を調査してインスタンスを停止・起動すると中身が別のものになってて動いていたサービスが動かなくなってしまった。

原因

起動時のデバイスの自動マウントはetc/fstabで設定できる。

設定内容はこんな感じ(一部省略)

LABEL=/         /             ext3  defaults    1 1

このLABELというのはe2labelでデバイスをラベルにマッピングできる機能を使っている。
例えば以下のように設定したら/dev/sda1というデバイスをLABEL=/hogeという形で参照できる

e2label /dev/sda1 /hoge

問題の原因は停止・起動前に、別のデバイスへ/のラベルをe2labelで割り当ててしまってそのまま放置していたことだった。

EBSで別ボリュームをec2インスタンスにアタッチ → e2labelで別ボリュームにラベルを割り当てる → メンテナンス時に停止・再起動しサーバーの中身が別物になったように見える。

対応

mountコマンドでec2インスタンスにアタッチされていたボリュームをマウントし、中身を確認後、元々ルートにマウントされていたデバイスに再度e2labelで/のラベルを割り当て直した。
その後はec2インスタンスを停止・再起動して元に戻った。

反省点

今回の直接的な原因はe2labelでラベルを割り当て直してそのまま放置していたことである。
作業ログを残していれば原因がすぐ分かったし、作業内容を忘れていたのがまずかった。

後は不要なボリュームをec2にアタッチしていたまま放置していたのもよくなかった。
ここら辺の無駄なリソースはきちんと整理して置かないと後で、必要・不要の判断ができなくなってしまうし、今回のような問題につながってしまうこともある。

1
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
halo57

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
1
Help us understand the problem. What is going on with this article?