Help us understand the problem. What is going on with this article?

Ruby on Railsを業務で入門する際に参考にした情報 (2019年7月時点)

はじめに

4月ごろから業務でRailsを使っていますが、社内にRails経験者はおろか、Ruby経験者も居なかったので、Web上や本で参考にした情報を記載します。
なお、個人的には前からRubyに興味があったので、Ruby入門本読んだり、Railsチュートリアルを触ったりはしていました。
なので、完全に新規学習というわけではありません。

入門情報

プロを目指す人のためのRuby入門

書籍
こちらは書籍になります。
Rubyやってみたいなあと思って検索したところ、ネットでこちらの本の評価がよかったので、買って読んでみました。
Rubyは自由度が高く色んな書き方ができますが、状況に応じてどう書くのがよいか記載されているのが参考になりました。
毎章、学んだ知識を使った例題プログラムの実装解説があるので、実際に手を動かしながらRubyの基礎文法を身につけられたと思います。

現場で使える Ruby on Rails 5速習実践ガイド

書籍
こちらも書籍です。
タスク管理アプリを実際に作りながら、Railsの作法を学んでいくことができます。
現場でと銘打っていることもあり、チーム開発でのGitの使い方やマイグレーション、リファクタリングについても学べる1冊です。

Railsチュートリアル

「Rails 入門」で調べるとまずこれに行き着くのではないでしょうか
Twitterライクなアプリを実装しながら、Railsについて学習できます。
Railsの仕組みもそうですが、Web開発で注意すべきセキュリティ面など基本の知識についても学ぶことができます。
自分は1周しかしていないですが、何周か取り組んで、より学習を深めていくのもいいかもしれません。

リファレンス

プログラミング言語 Ruby リファレンスマニュアル

リファレンスにいくつかサイトがありますが、自分の場合、Ruby自体の書き方やAPIがわからない時はこちらを参照しています。

Ruby on Rails ガイド

Railsの基本機能の概要や使い方を知りたい時によく参照しています。
最初はActive Recordなど用語自体もわからなかったため、開発で分からないことがあった時は、こちらのサイトをよく見ていました。

Ruby on Railsドキュメント (v4.2.1)

もう少し細かいAPIの使い方はこちらで確認しています。
現行のRails5ではなく、4対応なので、そこは少し注意です。

Gem関連

RubyGems

RailsでのライブラリはGemと言いますが、こちらで検索できます。

bootstrap-rubygem

RailsでCSSフレームワークのBootstrapを使うためのGemになります。
最新のBootstrap4を適用できます。

devise

認証用ライブラリです。ログイン認証はこちらを使われている方が多い印象です。

開発参考記事

使えるRSpec入門・その1「RSpecの基本的な構文や便利な機能を理解する」

プロを目指す人のためのRuby入門著者の方の記事になります。
RSpecとはテストフレームワークで、構文や機能について確認したい時に参考にさせて頂いていました。

RailsでMVCを意識してシンプルにCSV出力

Railsでは、CSV出力はシンプルに実装できます。
自分も実装する際に、こちらの記事を参考にさせて頂きました。

最後に

今後も役に立った情報があれば、随時更新していきます。
皆さんからもぜひ役立った情報などあれば教えていただければと思います。

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away