Eclipse
VisualStudio

EclipseとVisual Studioで私がよく使うコマンドのまとめ

More than 3 years have passed since last update.

EclipseとVisual Studioで私がよく使うコマンドをまとめています

Eclipse
Visual Studio

新規
Alt+Shift+N
Alt+P

検索と置換はいつか

補完
Ctrl+Space
Ctrl+Space

パラメータヒント
Ctrl+Shift+Space
Ctrl+K, P

クイックフィックス
Ctrl+1

スマートタグ

Alt+Shift+F10

コメント
Ctrl+/
Ctrl+E, C

コメントを解除
Ctrl+/
Ctrl+E, U

フォーマット
Ctrl+Shift+F
Ctrl+E, D

import, usingの整理
Ctrl+Shift+O
Alt+E, I, O, A

名前の変更
Alt+Shift+R
Ctrl+R, R

宣言を開く
F3
F12

呼び出し階層を開く
Ctrl+Alt+H
Ctrl+K, R

リソースを開く
Ctrl+Shift+R

クイックアウトライン
Ctrl+O

次へ
Ctrl+.
F8

前へ
Ctrl+,
Shift+F8

戻る
Alt+Left
Ctrl+-

進む
Alt+Right
Ctrl+Shift+-

実行
Ctrl+F11
Ctrl+F5


補足


補完、パラメータヒント

ADT BundleのEclipseは、Ctrl+Spaceをすると、カーソルの直前が単語境界文字だと補完し、

非単語境界文字だとパラメータヒントを表示するので賢い

他のEclipseではそうならないのだけれど何のプラグインのおかげだろう?


スマートタグ - Visual Studio


  • カーソルが継承したインターフェース名や抽象クラス名の上にあるときに

    Alt+Shift+F10するとスタブを生成してくれる

  • 例えば、ファイル先頭にusing System;がなく、カーソルがクラス文字列であるConsoleの上にあるときに

    Alt+Shift+F10するとファイル先頭にusing System;を挿入してくれる

Eclipseの方が両方Ctrl+Spaceで可能なうえ、クラス文字列が完全一致している必要がなくて便利


フォーマット、import, usingの整理

Eclipseは保存すると、フォーマットとimportの整理をしてから保存するような設定ができるが、

Visual StudioはExpress(無償版)ではできない模様


呼び出し階層を開く

変数のすべての参照箇所や関数のすべての呼び出し箇所を列挙して順番に見ていきたいときに使う

それができるCtrl+K, Rを上記の表に載せている


リソースを開く

プロジェクト内のすべてのファイルの中からファイルを開きたいときに使う

プロジェクトの設定を適切にしたSublime TextのGoto Anything Ctrl+Pが挙動としては理想


次へ、前へ、戻る、進むの違い


  • 検索結果の一覧やエラーの一覧などのカーソルの移動先の一覧を巡回するのが次へ、前へ

  • 検索、宣言を開く、クイックアウトライン、次へ、前へなどによるカーソル移動の履歴を巡回するのが戻る、進む

次へと戻るがよく使うのでVisual Studioの割り当てが好み