Posted at

micro:bitとScratch3.0がつながらない時に確認して欲しいこと

2019年1月Scratchが3.0にバージョンアップしたことによりmicro:bitとScratchを簡単に連携させられるようになりました。

しかし、ある条件を満たす場合ドはまりすることが判明しています(2019年2月3日現在)

■まったく初めて連携する場合

問題ありません。

下記ページのガイドに従ってください。

Scratch LinkというソフトウェアをPC/MACに入れた後、専用のHEXファイルをmicro:bitに入れる流れです。

https://scratch.mit.edu/microbit

■以前一度Scratch Linkをインストールしたことがある場合

残念ながらドはまりする可能性があります。

上記ページで最新版をダウンロードしてインストールしようとしても

”最新版が入っているからインストールはキャンセルするね!”とメッセージが出てインストールがキャンセルされます。

⇒対応策「旧Scratch Linkを手動で先にアンインストールする」だけです。最新版がインストールされ、平和に連携を楽しむことができます。