Edited at

micro:bitでテープLED(WS2812B)を楽しむ

image.png

※この画像では拡張ボードを利用していますが必須ではありません


内容

micro:bitでテープLED(WS2812B)を使ってみましょう

拡張機能でモジュールを追加するだけで簡単に利用することができます


必要なもの

micro:bit

転送&電源供給用ケーブル

テープLED(WS2812B) 一例@Amazon

※WS2812B、5V、端子が3つものもを選んでください。


利用方法

-MakeCodeサイトにアクセスする

https://makecode.microbit.org/#editor

-高度なブロックをクリックする

koudo.JPG

-拡張機能ブロックをクリックする

kakucho.JPG

-検索ダイアログで"neopixel"を検索し、該当画像をクリックし拡張機能を追加

neo.JPG

-下記がテープLED(WS2812B)に関する基本ブロックとなります

neomenu.JPG


ハードウェアの接続

GND --> テープLEDのGNDへ

3V --> テープLEDの+5Vへ

P0 --> テープLEDのDIN1へ

※注意!テープLEDは両端とも同じGND/3V/P0がありますが接続するのは矢印がある側からです!

image.png


サンプルコード

3パターンに色が変わり続けます。Aボタン、Bボタンで輝度が変わります(デフォルトはまぶしすぎます)

code.JPG


シミュレーターの画像

emu.JPG