Ruby
GoogleCalendar
カレンダー

国立天文台の暦要項データを取得する

More than 1 year has passed since last update.

祝祭日のデータを手動で毎年更新するのは、面倒だろうと思う。

官報に掲載される日本の暦は、国立天文台が計算している。これをまとめたものを暦要項という。暦要項は、毎年2月に次の年のものが公示される。そのデータは、国立天文台天文情報センター暦計算室がGoogle Calendarで公開しているため、そのつどiCalendar形式で取得することができる。よって祝祭日データの更新は、もはや人間が手動で行うような作業ではない。

Google CalendarなのでXMLやJSONでも取得できるが、データの内容がプログラミングに向かないため、当面はiCalendar形式で取得するのが良いだろう。


koyomi.rb

require "yaml"

require "open-uri"
require "icalendar"

calendar_id = "2bk907eqjut8imoorgq1qa4olc@group.calendar.google.com"
uri = URI.join(
"https://calendar.google.com/calendar/ical/",
"./#{URI.encode_www_form_component(calendar_id)}/",
"./public/basic.ics")
ical = open(uri).read
calendar = Icalendar.parse(ical).first
results = calendar.events.map do |event|
{
"name" => event.summary.to_s,
"date" => event.dtstart.to_date,
}
end
File.open("./koyomi.yml", "w") do |file|
YAML.dump(results.sort_by{|result| result["date"] }, file)
end



koyomi.yml

---

- name: 元日
date: 2001-01-01
- name: 成人の日
date: 2001-01-08
- name: 建国記念の日
date: 2001-02-11
- name: 休日
date: 2001-02-12
- (中略)
- name: 体育の日
date: 2015-10-12
- name: 文化の日
date: 2015-11-03
- name: 勤労感謝の日
date: 2015-11-23
- name: 天皇誕生日
date: 2015-12-23