Help us understand the problem. What is going on with this article?

LinuxBeanを地味に味気なくしてみた

More than 3 years have passed since last update.

Ubuntuベースで軽いので結構気に入っているlinuxBeanを地味に味気なくカスタマイズしてみたときのメモです。

なぜ?

linuxBeanは軽くて、デスクトップ背景の写真も明るくて、枝豆みたいなにっこり笑うアイコンも可愛いし、スタートメニューの笑顔の豆も可愛いし……なんにも悪くないんですが、もともと根が地味な私にはちょっと恥ずかしくて慣れないので、私らしく地味に味気なくしてみました。

使用した環境はlinuxBean 12と14ですが、スクリーンショットは12のものを使っています。

変更するところ

今回は以下の箇所を変更しています。

  • デスクトップ
  • ログアウトダイアログ
  • ログイン画面
  • ブート画面

まずはデスクトップ

デスクトップ背景の変更

デスクトップの背景を写真からちょい暗い青に変更します。

デスクトップで右クリックデスクトップの設定 でデスクトップの設定を開き「壁紙のモード」を「背景色のみで塗りつぶす」に変更。続けて「背景色」をクリックし「#002277」を入力します。
color_change-3x64.jpg

設定ファイルを直接変更するなら.config/pcmanfm/LXDE/ディレクトリ中の*.confファイルからwallpaper_mode=desktop_bg=を探しだして変更します。変更してもログアウトする際に上書きされてしまう事があるのでsudo pkill Xで強制的にウィンドウシステムを終了してしまいます。

$ sed -i "s/^wallpaper_mode=.*/wallpaper_mode=0/" .config/pcmanfm/LXDE/*.conf
$ sed -i "s/^desktop_bg=.*/desktop_bg=#002277/" .config/pcmanfm/LXDE/*.conf
$ sudo pkill X

デスクトップアイコンの削除

とりあえずデスクトップからアイコンを全て削除して、左側のパネルも削除します。アイコンが必要になったらその都度追加することにします。

$ rm デスクトップ/*.desktop
$ rm .config/lxpanel/LXDE/panels/left

パネルアイテムは即反映されませんので、再起動するかログアウトします。

あまりに寂しいのとデスクトップが起動したのかどうか分からなくなってしまいましたので、とりあえずターミナルとファイルマネージャーをデスクトップに配置します。

$ cp /usr/share/applications/xfce4-terminal.desktop ./デスクトップ
$ cp /usr/share/applications/pcmanfm.desktop ./デスクトップ

desktop-1x64.jpg

デスクトップの数を1つに

複数のデスクトップを使うことに慣れていないのでひとつにします。デスクトップの数はOpenbox Configuration Managerで変更します。
スタートメニュー設定Openbox Configuration Manager で Openbox Configuration Manager を開き、Desktopsをクリック、Number of desktops の数値を1に変更します。
desktop-2x64.jpg

設定ファイルを直接変更する場合は.config/openbox/lxde-rc.xmlファイル中の<number>2/<number>の箇所を変更します。

$ sed -i "s/<number>2/<number>1/" .config/openbox/lxde-rc.xml

変更箇所をdiff表記で書くとこんな感じです。

.config/openbox/lxde-rc.xml
@@ -115,7 +115,7 @@

        use obconf if you want to change these without having to log out
        and back in -->
-    <number>2</number>
+    <number>1</number>
     <firstdesk>1</firstdesk>
     <names>
       <!-- set names up here if you want to, like this:

スタートメニューのアイコン

スタートメニューの可愛い豆のアイコンも標準で用意されているアイコンに変更します。変更は.config/lxpanel/LXDE/panels/bottomファイルを変更します。

$ sed -i "s/=.*beanlxpanel.png/=start-here/" .config/lxpanel/LXDE/panels/bottom

変更箇所をdiff表記で書くとこんな感じです。

.config/lxpanel/LXDE/panels/bottom
@@ -27,7 +27,7 @@ Global {
 Plugin {
     type = menu
     Config {
-        image=/usr/share/backgrounds/beanlxpanel.png
+        image=start-here
         system {
         }
         separator {

タスクバーみたいなパネルの変更

画面下のタスクバーみたいなパネルも適当にカスタマイズします。カスタマイズはパネルを右クリックパネルのアイテムの追加・削除で行います。
desktop-3x80.jpg

ちょい長いですが変更箇所をdiff表記するとこんな感じです。

.config/lxpanel/LXDE/panels/bottom
@@ -52,7 +52,25 @@ Plugin {
 }

 Plugin {
-    type = pager
+    type = launchbar
+    Config {
+        Button {
+            id=/usr/share/applications/xfce4-terminal.desktop
+        }
+        Button {
+            id=/usr/share/applications/exo-file-manager.desktop
+        }
+        Button {
+            id=/usr/share/applications/leafpad.desktop
+        }
+    }
+}
+
+Plugin {
+    type = space
+    Config {
+        Size=2
+    }
 }

 Plugin {
@@ -72,54 +90,17 @@ Plugin {
 }

 Plugin {
-    type = space
-    Config {
-        Size=4
-    }
-}
-
-Plugin {
     type = tray
 }

 Plugin {
-    type = volumealsa
-}
-
-Plugin {
-    type = wincmd
-    Config {
-        image=window-manager
-        Button1=iconify
-        Button2=shade
-        Toggle=1
-    }
-}
-
-Plugin {
     type = dclock
     Config {
-        ClockFmt=%y.%m.%d %a %H:%M
-        TooltipFmt=%Y年%m月%d日 %A %H時%M分
+        ClockFmt=%R
+        TooltipFmt=%A %x
         BoldFont=0
         IconOnly=0
         CenterText=0
     }
 }

-Plugin {
-    type = space
-    Config {
-        Size=2
-    }
-}
-
-Plugin {
-    type = launchbar
-    Config {
-        Button {
-            id=/usr/share/applications/catfish.desktop
-        }
-    }
-}
-

ここまででこんな感じ。
desktop-4x64.jpg

ログアウトダイアログ

ログアウトする際のダイアログの変更は/usr/local/bin/lxde-logoutファイルを編集することで行います。

$ sudo vi /usr/local/bin/lxde-logout
/usr/local/bin/lxde-logout
#!/bin/sh
lxsession-logout

変更箇所をdiff表記で書くとこんな感じです。

/usr/local/bin/lxde-logout
@@ -1,2 +1,2 @@
 #!/bin/bash
-lxsession-logout --banner "/usr/share/lxde/images/bean-logout-banner.png" --side=top --prompt="linuxBeanからログアウトしますか?"
+lxsession-logout

変更後のログアウトダイアログはこんな感じです。
desktop-5x64.jpg

ログイン画面

起動時のログイン画面の背景も標準のものに変更します。/etc/lxdm/lxdm.confファイルのbg=の箇所を無効にします。

$ sudo sed -i "s/^bg=/#bg=/" /etc/lxdm/lxdm.conf

変更箇所をdiff表記で書くとこんな感じです。

/etc/lxdm/lxdm.conf
@@ -27,7 +27,7 @@ greeter=/usr/lib/lxdm/lxdm-greeter-gtk
 gtk_theme=clearlooks-phenix

 ## background of the greeter
-bg=/usr/share/backgrounds/alone_by_samuele_2.jpg
+#bg=/usr/share/backgrounds/alone_by_samuele_2.jpg

 ## if show bottom pane
 bottom_pane=1

変更後のログイン画面はこんな感じ
desktop-6x64.jpg

ブート画面

ブート画面もlinuxBeanらしい緑色から標準(白い文字に黒い背景)に変更します。/etc/default/grubを編集して背景画像が指定されている行を無効にします。

$ sudo sed -i "s/^export GRUB_MENU_PICTURE/#export GRUB_MENU_PICTURE/" /etc/default/grub
$ sudo sed -i "s/^export GRUB_BACKGROUND/#export GRUB_BACKGROUND/" /etc/default/grub
$ sudo update-grub
/etc/default/grub
@@ -35,5 +35,5 @@ GRUB_GFXMODE=640x480

 export GRUB_COLOR_NORMAL="black/black"
 export GRUB_COLOR_HIGHLIGHT="green/white"
-export GRUB_MENU_PICTURE="/usr/share/backgrounds/wallpaper_grub.png"
-export GRUB_BACKGROUND="/usr/share/backgrounds/wallpaper_grub.png"
+#export GRUB_MENU_PICTURE="/usr/share/backgrounds/wallpaper_grub.png"
+#export GRUB_BACKGROUND="/usr/share/backgrounds/wallpaper_grub.png"

変更後のブート画面はこんな感じ
desktop-7x80.jpg

とりあえず終わり

こんな感じになりました。
desktop-8x64.jpg

まぁなんという寂しさでしょう、Beanらしさがなくなってかなり寂しいというか味気ないというか無機質な感じになってしまいました。しかしBeanが今まで以上に好きになった私でした。

hachisukansw
グラフィカルなものよりもテキストベースが好き。マウスよりキーボードが好き(でも複雑なのは苦手)。だからLinux好き、Markdown使えるQiitaも好き。プログラムはちょろちょとっとしか書かない、でも気が向いたらオブジェクト指向ぽく書きたい。だからRubyが好き、Smalltalkが好き、JavaScriptが好き。正規表現が好き。だから…。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした