Help us understand the problem. What is going on with this article?

IntelliJ IDEA Tips

More than 3 years have passed since last update.

Mac環境です。キーバインド変えているので一部違うかもしれないです。

一般

  • ウィンドウを分割した時に隣のウィンドウへ移動するときには Option + Tabで移動できる
  • Shift + command + e で最近修正したファイル一覧を見れる
  • command + - でimport文の部分などを閉じる. command + ^で開ける。日本語キーボードなのでKeymapに書いてあるものと実際は若干違うので注意
  • complete current statementは if (i % 3 != 0 && i % 5 != 0) の最後の0のところで shift + command + enterを押すと以下のようになる
if (i % 3 != 0 && i % 5 != 0) {

}
  • 以前使った検索条件でもう一度検索したいときは、3:Findのパネルにフォーカスを合わせて command + eで検索できる

Git

  • 複数のモジュールを扱うときは同じブランチ名にしておくと、Common Local Branchで一度に切り替えることができる。PreferencesのVersion Controlに複数Gitのモジュールを登録するか、ProjectのVCSをGitにしたあと、Control〜にチェックを入れておく
    img.png

  • GitでMergeするときは、VCS -> Git -> MergeにしてNo commitをチェック入れたほうが便利

  • Perferences + GitHubでGHEのサーバを設定すると、そこからPull Requestが遅れる(もちろんそのままだとGitHubへ遅れる)

Database

  • select * from bar where id = ? とするとバインド変数を設定できる。
  • option + command + e で履歴を選べる。

その他

  • can not resolve symbol が表示されたら,[File]-->[Invalidate cache]をする
  • Auto ImportするにはPreferencesのAdd unambiguous import on the flyにチェックを入れる
  • Task Serverを設定してからcommitするときに、ctrl - spaceすると、メッセージを保管してくれる
  • Preferences -> Build Tools > Maven > Repositoriesの updatedがエラーになる場合は、~/Library/Caches/IntelliJIdea<バージョン>/Mavenがあるので一度消してみる
  • GoLangのgomを使うときには、Preferences -> Go > Go Libiraries のProject Libirariesに<プロジェクトルート>/_vendorを設定すると、ライブラリなどを見に行く。(Goプラグイン0.9.402で確認)
hachi_eiji
Webエンジニアやってます
http://hachi.hatenablog.com/
classi
学校の先生・生徒・保護者向けのB2B2Cの学習支援Webサービス「Classi(クラッシー)」 を開発・運営している会社です。
https://classi.jp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした