Help us understand the problem. What is going on with this article?

【初心者用】新規構築時のGit一連の流れ

More than 1 year has passed since last update.

備忘録&定着のため、自分が使いそうな点も含め残します。
個人用トラブルシューティング的なやつです。
必要になれば追記していきます。

VScodeのgit拡張機能ってとても便利ですよね。
現職では、静的Webサイト構築時に使用しています。

設定

$ git config --global user.name 'username' // 作業者名の表示に使用(コミット者名等)
$ git config --global user.email 'username@example.com' 作業者メールアドレスの表示に使用(コミット等)

上手くいかないからと何度も行うとエラーが発生する。(当たり前)
その場合はエディタで編集すると解決しやすいかも。

エディタで設定

$ git config -e  # ローカルの設定を変更
$ git config --global -e
$ git config --system -e

一連の流れ

ファイルのステージング(全ファイルをステージングするとき)

git add --all

ファイルを指定する

git add index.html

コミットする

git commit -m "first commit"

リモートリポジトリへpush

リモートリポジトリの登録
git remote add origin [url]
リモートリポジトリの変更
git remote set-url <リポジトリの名前> <新しいリポジトリのURL>
リモートリポジトリの削除
git remote rm origin
登録済みのリモートリポジトリ確認
git remote -v
リモートリポジトリへpush
git push -u origin master
リモートリポジトリへ強制上書きpush
git push -f

リモートリポジトリと同期する

git pull <repository> <branch>

//例)
git pull origin master

リモートリポジトリから引っ張ってくるとき

git clone [クローンしたいリポジトリ] [クローン先のディレクトリ(省略可)]

参考

Git(Hub)で作業をする一連の流れ 忘備録 - Qiita
[https://qiita.com/oreo/items/d07877c640bfd94fb489]

hacchi56
マークアップエンジニア3年目。愛知県在住の29歳です。バックエンドエンジニアを目指し「Ruby on Rails」を学習中。自分を疑っている部分もあるので、積極的に「LGTM」していただけると喜んじゃいます。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした