Help us understand the problem. What is going on with this article?

Cisco MerakiのWebhooksを試してみた

背景

個人で使えるCisco Merakiの評価機を幸運にも所有している。
たまたま目に入ったWebhooks(まだベータ版らしい)の機能が目についたのでお試しに使ってみた。
自分への備忘録を兼ねて投稿します。
一部Cisco Merakiを触ったことがある人/知っている人しかわからない用語等も含まれます。

Webhooksの設定画面

ダッシュボードを開き、ネットワーク全体→設定→アラートを選択すると一番下の画面にこんな設定画面があります。

ここでWebhookを受信するHTTPサーバを追加設定します。
HTTPサーバを追加をクリックするとこんな感じで任意の名前とHTTPサーバのURL等を記載することになります。

当初このHTTPサーバをどうしようかと思ってMerakiの英語のコミュニティを見ていたところ、Zapier(多数のアプリを組み合わせて自分ならのワークフローが作れるintergration Platform as a Service)が使えるよ!って書いてあるのを見て調べたのですが、
どうやらZapierの無料版ではWebhookの機能は使えない(Premiumのマークがついてました)ようなので途方に暮れていたところ、
Googleスプレッドシートで試せるようなのでそちらに方向転換しました。

Webhooksを使うためのステップ

とてもシンプルでこの4つのステップを実行するだけです。

1.Googleスプレッドシートを作成
2.GitHubに公開されているコードを持ってきてコピー
3.Webアプリ公開
4.MerakiダッシュボードにWebhookの設定を投入

1.Googleスプレッドシートを作成

新規にGoogleスプレッドシートを開いてツール→スクリプトエディタを選択します。すると下のような画面になります。

2.GitHubに公開されているコードを持ってきてコピー

GitHubのここからコード(code.gs)を持ってきてスクリプトエディタの初期から記載されているコード.gsの内容を入れ替えます。

3.Webアプリ公開

公開→ウェブアプリケーションとして導入を選択

次に下のような画面がでてくるのでWho has access to the appのところはAnyone,even anonymousを選択してDeployを押してください。
※Execute the app asは自分のメアドが表示されてしまうのでマスキングしてます。

Deployが終了するとWeb whook用のURLの宛先が表示されるのでこのURLをコピーします。

4.MerakiダッシュボードにWebhookの設定を投入

MerakiのダッシュボードのWebhooksに戻り先ほどコピーしたURLを登録します。

ネットワーク全体→設定→アラートを開いた一番上のアラート設定の受信者に先ほど登録したWebhook用のサーバを登録しましょう。
今回はWebhook:GoogleSheetという名前になっています。

確認作業

保存した後はWebhookのテストを実施します。Webhooksの設定箇所でWebhookテストが実施可能です。
成功すると緑色、失敗すると赤になります。自分は最初URLを最後までコピーしてなくて失敗しました。

次に設定可能なパラメータを何か変更して見て設定変更がGoogleスプレッドシートに反映されるか見てみます。
一部情報を非表示にしたりしてますが、スプレッドシートにアラート情報を受け取っていることはわかるかと思います。

まとめ

直接Webhookの設定をするのは初めてでした。やっぱり自分の手である程度やらないとイメージもわかないので、
思い立ったが吉日でやってみた結果、多少理解度が深まった気がします。
設定変更が発生したらSlackやTEAMSに通知みたいなこともゆくゆくは試してみたいですね。

参考

今回の検証はほとんどCisco Devnetのコンテンツを参照して実施してます。
https://developer.cisco.com/meraki/build/meraki-dashboard-alerts-with-google-sheets/

h9803660
(主に)ネットワーク製品の開発・市場調査と測定器を使った機器検証をやっています。 ネットワーク機器もプログラマブルになっているにもかかわらずろくに扱えてないのでこれから少しずつアウトプットしていきたいです。
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした