Edited at

Android SDKのダウンロードが遅い場合の対処方法

More than 1 year has passed since last update.

タイトルそのままなのですが、Android SDK Manager経由でファイルをダウンロードするとすごく遅いと感じたので、対処方法調べたので簡単にまとめました


環境



  • OS


    • Mac 10.11.6

    • Mac 10.12.4




  • Android SDK Manager


    • 25.2.5




要点



  • Slow SDK download through Android SDK managerが参考になったのでこれを試した


    • Android SDK Managerの設定オプションを有効にする


      • これやった感じそんなに変更なかった・・



    • ダウンロードするべきファイルを手動でダウンロードした後にAndroid SDK Managerを利用してそのファイルをインストール


      • これが有効だったのでこれ以降解説します






解説前に

すでに手元の環境で比較的最新のものをダウンロードしてしまっていたので Android5.0.1(API 21) のものを例に以下説明します。


  • これ以外のAPIバージョンのものをダウンロードしたい場合には適宜読み替えてください

  • Androidのパスは私の手元の環境では以下のようになってますので、パスが別の所に通ってるようならそこも適宜読み替えてください

which android

/Users/xxxx/Library/Android/sdk/tools/android


手動でファイルをダウンロードしてからインストールする流れ

流れとしては


  1. Android SDK Managerを起動してダウンロード対象のSDK Platformにチェックを付けてダウンロードを開始

  2. ダウンロード開始後に、一時停止をする

  3. 一時停止したら、取得するべきファイル名がわかるので、Googleのダウンロードサイトからそのファイルを取得&指定箇所に配置

  4. Android SDK Managerを再起動して、SDK Platformにチェックを付けてインストール

という感じになります。

以下順番に説明します。


ダウンロード対象ファイルを一旦ダウンロード

Android SDK Managerを起動してダウンロード対象のSDK Platformにチェックを付けて、インストールを開始します。

 2017-05-12 7.36.54.png


ダウンロード開始後に、一時停止をする

ダウンロード開始後に、画面右下の一時停止できるボタンをクリックします 2017-05-12 7.56.28.png


取得対象ファイル確認

一時停止した段階で、

~/Library/Android/sdk/tempを見ると


  • android-21_r02.zip

  • android-21_r02.zip.inf

という2つのファイルがあるかと思います

 2017-05-12 7.37.26.png

前者のZIPをGoogleのサイトからダウンロードします。

URLは

https://dl.google.com/android/repository/<取得したいZIP>

という形式のようなので今回の場合だと

https://dl.google.com/android/repository/android-21_r02.zip

になるのでWebブラウザ等で取得します。


ダウンロードしたファイルを指定箇所に配置

上記でダウンロードしたZIPを

~/Library/Android/sdk/temp

にコピーします。

元々ダウンロードを一時停止した時に存在してるZIPファイルがあると思うのでそれを上書きします


この段階でファイルをインストール

Android SDK Managerを再起動して、SDK Platformにチェックを付けてインストールを実行すると、上記で配置した~/Library/Android/sdk/temp配下のZIPが解凍されてインストールが行われます!


参考:Android SDK Managerの設定オプションを有効にする

Android SDK Manager起動したら、メニューからPreferencesを選択します。

 2017-05-12 7.45.32.png

 2017-05-12 7.44.56.png

以下の画面が表示されるので Force https://... という項目のチェックを有効にします