Help us understand the problem. What is going on with this article?

Azure SQL DatabaseのバックアップをローカルのSQL Server Expressに復元する

More than 1 year has passed since last update.

はじめに

Azure SQL Databaseのデータをローカルのテスト環境で検証したい場合の
バックアップ→ローカルに復元の手順が
検索しても良くわからなかったので記しておきます
SQL Server Management Studioを利用する方法です。
ローカル側はSQL Server 2014 Expressです。

最新版のSQL Server Management Studioのインストール

Azureは日々進化していますのでAzure上の仕様変更があった場合、
それに対応したSSMSを使用する必要があります。
ですので、最新版のSSMSを利用が推奨されています。

Azure SQL Databaseのバックアップ

バックアップと書くのが正しいのかわかりませんが、
Azure上のDBを取得します。

1.Management Studioで対象のAzure SQL Databaseのサーバーに接続
2.オブジェクトエクスプローラで取得したいDBを右クリック
3.タスク→データ層アプリケーションのエクスポートをクリック
4.エクスポート設定でローカルディスクに保存を選択し、保存場所を決める。
5.完了まで進むとローカルにバックアップ(.bacpac)が保存されます(時間がかかります)

ローカルのSQL Serverに復元

1.Management Studioでローカルのサーバーに接続
2.オブジェクトエクスプローラーでローカルのサーバーを展開。
3.サーバー直下にある「データベース」フォルダを右クリック。
4.データー層アプリケーションのインポートを選択
5.インポートの設定でAzureから取得した.bacpacファイルを選択。

以上になります。

Management Studioは2016でAzureとの連携が強化されて
Azureを使う上で非常に強力なツールになりましたね。
GUIでポチポチやって出来るのはやっぱり楽だなぁと思いました。

参考

http://stackoverflow.com/questions/7847189/azure-sql-database-bacpac-local-restore

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away