Go
AWS
cloud9
echo

【入門者向け】AWS Cloud9+echoでGoのAPIサーバーをさくっと作ってpreviewする

はじめに

この記事は、Leveragesアドベントカレンダー5日目の記事になります。

出番が二回あるので、一回目は軽めなやつを出します。


AWS Cloud9が発表されたのでちょろっといじった感じ、GoのAPIサーバーをさくっと試すのに便利な気がしてやってみました。

予想通り、かなりさくさく立てられたのでメモっておきます。

Cloud9の準備

AWS Cloud9の環境を用意する

入門用なのでAWSアカウントはあるけど、それ以外はなんもない人前提でお話します。

まず、AWS Cloud9のページに行き、「Create environment」ボタンをクリックします。(AWSにはログイン前提です、一応)

image.png

環境名とか登録

nameに任意の文字を入力して「Next step」ボタンをクリックします。
descriptionは必要があれば。

image.png

Configure Settingsは一旦そのまま

EC2のインスタンスとか設定するところですが、デフォで一番小さいのになってるようなので、そのままにして「Next step」

image.png

Review

問題なければそのまま「create environment」します。

これでCloud9の環境設定は終了。

GoとechoでHallo wolrd文字列返すAPIサーバーを用意するとこ

上までの手順が終わるとIDE画面になるので、まず、Goの開発準備をします。

ありがたいことにgo自体は最初から入ってるので、wgetしなくて大丈夫。

image.png

GOPATH、PATH設定

GOPATHとPATHを設定します。
設定にはIDEの右下に表示されているコンソールを利用します。

image.png

depのインストール

直接echo をgo getしてもいいんですが、一応、、、

image.png

ディレクトリを掘って、server.goを書く

Goはgo/srcの下にリポジトリ名とかのディレクトリを掘るのが慣例なので、掘ります。
ぶっちゃけそのままコンソールでmkdirした方が早いのですが、せっかくなのでIDEからやります。

今までの状態だと、IDEの左側のペインはこんな感じになっています。

image.png

github.comのところで右クリックして、「New Folder」

image.png

そしてこんな感じでserver.goを作ります。

image.png

image.png

重要なところは、今のところAWS Cloud9のpreviewは8080ポートでしか機能しないっぽいので(間違ってたら教えてください)サーバーの実行時のポートを8080にすることです。

echoインストール

echoをimportしているので、インストールします。
右下のコンソールから以下を叩きます。

image.png

実行

作ったらまずAPIサーバーを起動します。
※右の方にあるRUNをクリックすると起動します。

image.png

コンソールが以下のようになったら成功です。

image.png

プレビュー

プレビューはワンタッチでできます。

runの横にあるpreviewをクリックして、「Preview Running Application」をクリックするだけです。

image.png

結果

これでIDEにpreviewが表示されました!

image.png

意外とめんどい、サーバー用意したり、goの最新をwgetする(というかURL拾う)する部分が省けるのはいいですね!