Help us understand the problem. What is going on with this article?

#PowerApps で強化されたマップ機能を利用する方法

はじめに

強化されたマップ機能とは、4月13日にMR機能と同時に発表された、Power Appsで注目の目玉機能(アップデート)です。
これまで静的なマップしか扱えなかったPower Appsで、新たにユーザーが操作可能なマップコントロールが利用可能になります。

これによって、指定した座標の地図の周辺を拡大したり、衛星写真に切り替えたり、Google Mapで我々が普段やっているような操作をPower Apps上で行えるようになります。
geomap.gif
詳細は以下のリンクをご覧ください。

https://powerapps.microsoft.com/en-us/blog/new-geospatial-features-in-power-apps/

※今回の機能を有効化するためには、Power PlatformのAdmin centerで機能を有効化(追加のサービス利用規約)に同意する必要があります。
※Previewではない一般の環境で確認しています。

有効化方法

まずはPower Appsの設定を開き、詳細設定から、Geospatial featuresを有効化しようとすると、下図のようなInformationが表示されます。

image.png

Admin Centerで追加の利用規約に同意する必要がある とのことです。

Admin Centerに移動して、環境を選び、設定に遷移し、機能を開くと、以下のように、Geospatial services (preview) という設定項目が表示されています。

今回の機能を有効化するにはこのトグルをONにする必要があるようです。

image.png

追加の利用規約↓

image.png

この利用規約に同意して、トグルをONにして5分くらい待つと、Power Appsの詳細設定から試験的機能の有効化ができるようになります。

image.png

簡単な使い方

新しいマップコントロールは、メディアの下にあります。
image.png

とりあえずコントロールを配置してみると、さまざまなプロパティが表示されます。
衛星写真モードなどもありますね。

image.png

あとはGoogle Mapのようにぐるぐる動かすだけです。

ピンの配置

ここから手探りなので、間違っているかもです。
マップコントロールのプロパティを見てみると、ItemsLabelや、ItemsAddressなどがありますね。
たぶんこれを含むCollectionやデータをItemsItemsに与えてあげればいいんだろうと予想できます。

image.png

予想通りでした。簡単に、某社の名前、緯度、経度が含まれるCollectionを作成し、
image.png

マップコントロールのプロパティを次のようにセットしてみます。

image.png

すると、上の図のように、ピンが表示されるようになりました。

住所検索

Geospatial features、もう一つの大きな機能が、住所の検索コントロールです。
住所検索コントロールは、Inputの下に入っていました。
image.png

これも簡単に試してみま...したが、日本の住所は、Microsoft Searchの時同様、出てこないですね。。何かコツが必要なのだろうか。
設定を見ると、言語と国の設定があります。このあたり、公式の情報を待ちたいと思います。
image.png

まとめ

これまで静的なマップしか扱えなかったPower Appsにとって、このインタラクティブなマップコントロールは本当に革命的だと思います。
単純にこれまでのマップを置き換えるもよし、データを与えて、ギャラリーと組み合わせてみるもよし。

様々な使い道があると思いますので、ぜひONにして試してみてください。

h-nagao
Power Platform好きです。 #MoreBeerMorePower 新しい投稿は、はてなブログのほうにしています。
https://mofumofupower.hatenablog.com/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away