OpenCV 4.1.0をVisual Studio 2019から使用する時の手順


概要

OpenCV 4.1.0をVisual Studio 2019で使用する時の手順


環境


  • Windows 10(64Bit)

  • OpenCV 4.1.0

  • Visual Studio 2019


対象


  • Windowsマシン保持者

  • OpenCVをC++で触りたい人

  • PATHへの理解がある


記事を読んで出来る事


  • Visual Studio 2019を用いたOpenCVプログラミング


手順


OpenCVの取得

https://github.com/opencv/opencv/releases

より、

https://github.com/opencv/opencv/releases/download/4.1.0/opencv-4.1.0-vc14_vc15.exe

をDLする


OpenCVの導入

ダブルクリックで導入出来る

が、

opencv

-build

-source

の階層になっているうち、必要になるのは『build』フォルダのみなので『build』フォルダのみ展開してもよい

以降便宜上opencvのrootパスを『%OPENCV%』と記載する

環境変数として追加するのも可


Visual Studio 2019設定


プロジェクト設定

設定内容

言語
Visual C++

プロジェクトの種類
CLR コンソール アプリ

アプリケーション設定の『空のプロジェクト』もお好みで


構成

設定内容

ソリューション構成
Debug or Release

ソリューションプラットフォーム
x64

構成プロパティ/デバッグ:環境
PATH=%OPENCV%\build\x64\vc15\bin;%PATH%

構成プロパティ/VC++ ディレクトリ:インクルード ディレクトリ
%OPENCV%\build\include

構成プロパティ/VC++ ディレクトリ:ライブラリ ディレクトリ
%OPENCV%\build\x64\vc15\lib

構成プロパティ/リンカー/入力:追加の依存ファイル
opencv_world410d.lib or opencv_world410.lib


プログラム


main.cpp

#include <opencv2/opencv.hpp>


using namespace cv;

int main()
{
Mat image = Mat::zeros(100, 100, CV_8UC3);
imshow("", image);
waitKey(0);
}


小さなウインドウが表示されたら成功です。

以上です。

お疲れさまでした。