Help us understand the problem. What is going on with this article?

OpenCV 4.3.0をVisual Studio 2019から使用する時の手順

概要

OpenCV 4.3.0をVisual Studio 2019で使用する時の手順

環境

  • Windows 10(64Bit)
  • OpenCV 4.3.0
  • Visual Studio 2019

対象

  • Windowsマシン保持者
  • OpenCVをC++で触りたい人
  • PATHへの理解がある

記事を読んで出来る事

  • Visual Studio 2019を用いたOpenCVプログラミング

手順

OpenCVの取得

https://github.com/opencv/opencv/releases
より、
https://github.com/opencv/opencv/releases/download/4.3.0/opencv-4.3.0-vc14_vc15.exe
をDLする

OpenCVの導入

ダブルクリックで導入出来る
が、
opencv
-build
-source
の階層になっているうち、必要になるのは『build』フォルダのみなので『build』フォルダのみ展開してもよい
以降便宜上opencvのrootパスを『%OPENCV%』と記載する
環境変数として追加するのも可

Visual Studio 2019設定

プロジェクト設定

設定内容
言語 Visual C++
プロジェクトの種類 CLR コンソール アプリ

アプリケーション設定の『空のプロジェクト』もお好みで

構成

設定内容
ソリューション構成 Debug or Release
ソリューションプラットフォーム x64
構成プロパティ/デバッグ:環境 PATH=%OPENCV%\build\x64\vc15\bin;%PATH%
構成プロパティ/VC++ ディレクトリ:インクルード ディレクトリ %OPENCV%\build\include
構成プロパティ/VC++ ディレクトリ:ライブラリ ディレクトリ %OPENCV%\build\x64\vc15\lib
構成プロパティ/リンカー/入力:追加の依存ファイル opencv_world430d.lib or opencv_world430.lib

プログラム

main.cpp
#include <opencv2/opencv.hpp>

using namespace cv;

int main()
{
    Mat image = Mat::zeros(100, 100, CV_8UC3);
    imshow("", image);
    waitKey(0);
}

小さなウインドウが表示されたら成功です。

以上です。
お疲れさまでした。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした