Git

CentOS に最新版の git をソースからインストールする手順

作業メモ。

検証環境

bento/centos-7.3
vagrant ユーザーで作業。

手順

必要なものをインストール

パッケージ

git のリポジトリを引っ張ってくるために git が必要になるので,一旦 git も yum でインストールする。

$ sudo yum install -y autoconf curl-devel gcc git perl-ExtUtils-MakeMaker

$ which git
/usr/bin/git

$ git --version
git version 1.8.3.1

zlib-devel

git のビルドで必要になる zlib-devel をインストール。
参考ページ: https://qiita.com/shadowhat/items/867d9e06bc42cf862b9a

/usr/local/src が root の所有になっているけれど,make install 以外は root で作業したくないので,予め /usr/local/src を vagrant の所有にしておく。

$ sudo chown vagrant:vagrant /usr/local/src
$ cd /usr/local/src
$ wget http://zlib.net/zlib-1.2.11.tar.gz
$ tar zxvf zlib-1.2.11.tar.gz
$ cd zlib-1.2.11
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make
$ sudo make install

git のリポジトリをクローン

$ cd /usr/local/src
$ git clone https://github.com/git/git
$ cd git
$ git tag
... 最新のタグを確認してチェックアウト
$ git checkout v2.9.5

yum でインストールした git を削除

チェックアウトまでできたら現行の git は削除する。
git の向き先が /bin/git に残っているので,削除後にシェルを再起動しておく。

$ sudo yum remove -y git
$ exec $SHELL -l

git のインストール

$ make configure
$ ./configure --prefix=/usr/local
$ make -j4
$ sudo make install

$ which git
/usr/local/bin/git

$ git --version
git version 2.9.5