Help us understand the problem. What is going on with this article?

Google Cloud Certified - Professional Cloud Architect に合格しました

資格取得に向けて

昨日 (2020/09/22)、タイトルの通り Google Cloud Certified - Professional Cloud Architect を取得しました
勉強期間は約 2 ヶ月です

この嬉しさを忘れないうちにこれから受けようと思っている方に自分なりにアドバイスなどを残します

image.png

かっこいい…

想定する読者

  • Google Cloud Certified - Professional Cloud Architect を受けようと思っている
  • AWS Certified Solutions Architect – Associate を取って次、何を受けようか悩んでいる

本人スペック

  • 今年 3 月に AWS Certified Solutions Architect – Associate を取得
  • GCP の経験は昨年、PJ で GCE と Pub/Sub、IoT Core あたりを半年程触っていた程度
  • 今年に入ってからの業務はもっぱらオンプレのインフラ屋さん

取ろうと思ったきっかけ

上でも書きましたが昨年、PJ で少し GCP を触っていました

ある時、「そういえば去年触ってた GCP、実はあんまりよく分からずにやってたな」と思い AWS の違いも含めてここは一度体系的に学んでおこうと思ったのがきっかけ

あと、正直これが自分の中で大きいですが最近の業務があまり楽しくなかったのでその欲求不満(?)的なものをどこかにぶつけたかったというのがあります

モチベーション

やると決めたら先に受験日を決めてしまう

まじでこれ大事、受験料まで払ってしまえばもう逃げられないから勉強するしかない
落ちたら 2 万無駄になると思うとめっちゃやる気でる

勉強法

とりあえずやれることは色々やったのでご紹介します

公式ドキュメント

個人的に役立ったものをいくつか紹介します

Cloud OnAir は通勤中の電車などで暇つぶしがてらいろいろ見ておくといいと思います

また、公式ドキュメントではありませんがメルカリの開発者ブログも公式には載っていない Tips が多くありそこから気付く点もあるのでおすすめです

例えばこれ、 メルペイでのSpannerとの戦いの日々

書籍

今回読んだのは以下になります

  1. Google Cloud Platform エンタープライズ設計ガイド
  2. GCPの教科書
  3. GCPの教科書II 【コンテナ開発編】

この中でどれか 1 冊だけ買うとしたら 2. の GCP の教科書をおすすめしますが、できれば 1. のエンタープライズ設計ガイドでざっくりと概要をつかんでから読んだ方がいいかと思います

GCP の教科書コンテナ編は、読んでおくに越したことはありませんが今回の資格取得に限っては別に読まなくてなんとかなります

ただ、内容としてはとても学ぶ点が多くあったので業務で GKE を扱うことになったら一度読み返すつもりです

Udemy

Udemy で GCP の日本語コースは皆無です
ここは腹を括って英語コースを受講しましょう、意外となんとかなります

上記のコースは、解説も割と丁寧に書かれています
勉強していると自分では結局どこが大事なのかわからなくなったりするので問題を解いて第三者の視点で重要なポイントをおさえるといいです

最後に

GCP は AWS と比べるとどうしても日本語の書籍などが少なく、勉強手段に困るかと思います

なんとなくクラウドを学びたくて、 AWS / GCP で悩んでいるならまずは AWS から勉強をすることをおすすめします

日本語書籍いっぱいだし、パブリッククラウドといえばやっぱり AWS が最初に上がるだろうしね!!
GCP の説明をするときに AWS の同等サービスと比較しながら解説するドキュメントも多いから AWS から勉強した方が効率的と思う

guromityan
地元 岐阜から福岡 SIer に就職して 3 年目。最近は Web 系にも興味があり AWS SAA の資格も取ったりしました。新しい物好きな性格で、日々技術のトレンドを追っています。かの有名な織田信長も新しい物好きが高じて初めて戦に鉄砲を導入したのは有名な話ですね。岐阜駅前の金の信長像は確実に我々岐阜県民に DNA 的な、脳波的な、エスパー伊東的な、何かで影響を与えていると思ってます。🥺ぴぇん
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away