Fluentd

fluentdをインストールしてみたメモ

More than 3 years have passed since last update.

CentOS6.5環境にfluentdを導入して試したメモ


1.vagrantで環境用意

こんな感じで環境を用意(boxは事前にCentOS6.5を用意)

# -*- mode: ruby -*-

# vi: set ft=ruby :

# Vagrantfile API/syntax version. Don't touch unless you know what you're doing!
VAGRANTFILE_API_VERSION = "2"

Vagrant.configure(VAGRANTFILE_API_VERSION) do |config|
config.vm.box = "centos65x86_64"
# config.vm.network :private_network, ip: "192.168.33.10"
end

あとはお決まりのように

$ vagrant up

$ vagrant ssh

確認とアップデート

$ cat /etc/redhat-release 

CentOS release 6.5 (Final)

$ sudo yum update


2.fluentdのインストール

nstalling Fluentd Using rpm Package を参考に、td-agentをインストール(実行内容が知りたい場合は、シェルスクリプトの内容を直接見ればいい)。

$ curl -L http://toolbelt.treasuredata.com/sh/install-redhat-td-agent2.sh | sh


3.td-agent起動と動作確認

インストールができているのか起動して、簡単な動作確認を行う。

起動は、以下から

$ sudo /etc/init.d/td-agent start

Starting td-agent: [ OK ]

$ sudo /etc/init.d/td-agent status
td-agent (pid 2691) is running...

/etc/td-agent/td-agent.confがデフォルトの設定が記述されており、sourceディレクティブがtype:httpの8888ポートとなっている。

また、matchディレクティブはタグが「debug.**」で、type:stdout(/var/log/td-agent/td-agent.logに出力)となっているので、これを使って動作確認をしてみる。

$ curl -X POST -d 'json={"json":"message"}' http://localhost:8888/debug.test

$ tail -1 /var/log/td-agent/td-agent.log
2015-04-05 07:30:14 +0000 debug.test: {"json":"message"}

確認できた。ただ、時刻が気になる場合は、以下のように設定する。

$ sudo cp /usr/share/zoneinfo/Japan /etc/localtime

$ cat /etc/sysconfig/clock
ZONE="Asia/Tokyo"