Git
GitHub
GitLab
git-flow
GitBucket

git tagの使い方まとめ

tagの作成、確認、共有の手順メモ。

ドキュメントに細かく書いてあるが、日常的に使うものだけを抜粋した。


tagの作成

大前提として、tagは特定のコミットに対して付与される。

つまり、コミットを指定せずにtagをつけた場合は、現在のブランチの最新のコミットに対して付与される。


コメント(注釈)付きの場合

git tag -a タグ -m 'タグのコメント'

例) git tag -a v1.4 -m 'my version 1.4'

-m を省略して実行するとエディタが立ち上がるので、そこで編集することも可能。

タグ付けした人の情報・日時・コメントも格納される。


コメント(注釈)なしの場合

git tag タグ

例) git tag v1.4

コメント付きの場合と違い、タグに関する情報は格納されない


後からtagをつける場合

git tag -a タグ -m 'コメント' コミット

例) git tag -a v1.2 -m 'version 1.2' 9fceb02

tagを打ち忘れた場合でも大丈夫。

コミットを指定してtagを打てばいい。


tagの共有

git push origin タグ名

例) git push origin v1.5

tagは作成しただけではリモートには反映されないのでpushしてやる必要がある。


tagの確認


一覧の表示

git tag

tagのリストがアルファベット順に表示される。

git tag -l 'v1.4.2.*'

のように、パターンマッチで検索することも出来る。


特定のtagを確認

git show タグ名

例) git show v1.4

注釈なしで登録された場合は

・commit

・Merge

・Author: コミットを行った人

・Date: コミットが行われた日時

の情報が、

注釈ありで登録された場合は

・タグ付けした人の情報

・タグをつけた日時

・注釈メッセージ

が追加で表示される。