Help us understand the problem. What is going on with this article?

AR上にShaderを動かしてみた

More than 1 year has passed since last update.

本記事はUnity Advent Calendar 2018の9日目の記事です。

半年前ぐらいにこんなものを作りましたが、ちょっとするとShaderがジャギってくるので解決できないか調査してみました。


環境

作った経緯

いろんなサイトを参考に初歩的なところを抑えながらShaderのソースコードを書いていました。

Shader "Custom/MyShader" {

    Properties
    {
        _MainTex("MainTex", 2D) = "white"{}
    }

    SubShader
    {
        Pass
        {
            CGPROGRAM

            #pragma vertex vert_img
            #pragma fragment wave_circle_frag

            ENDCG
        }
    }    

    CGINCLUDE
    #include "UnityCG.cginc"

    float4 wave_circle_frag(v2f_img i) : SV_Target
    {
        float2 st = i.uv;
        float distort = st * (1.0 + 0.1 * sin(st.x * 5.0 + _Time.z) + sin(st.y * 3.0 + _Time.z));

        return step(
            0.5,
            abs(sin(distance(float2(0.5, 0.5), distort) * 30))
        );
    }

    ENDCG
}

試しにGPUを使って解決できないか試してみた

などを参考にInstancingを付けて動作させてみたところ全く状況変わらずでした。

となると、単純に計算のずれから起きているものだと思ったので、他ShaderをAR上で動かそうと考えました。

他のShaderを使ってAR上で動作

の資料を参考に一部のShaderを書いて動作してみたところ、以下のようにキレイに動作することを確認しました。

まとめ

まだまだShader勉強中なので、作りたいものを普通に作れるぐらい習得したいなと。
また最初の方から、パフォーマンスを意識した作りをできるようなれるように楽しんで覚えていきますー!
\\\٩( 'ω' )و ////

また今回、Advent Calendarの記事でアップしましたが遅れてしまい失礼しましたm(_ _)m

FirebaseとUnityに関するネタで前編後編をUnity Advent Calendar 2018Firebase Advent Calendar 2018で投稿しようと考えていたり、Unity2018の最新でLINQはパフォーマンス的に使えるのかなども書こうか迷ってしまい、寝かせていた半年前ぐらいにAR上でShaderを動かしたプロジェクトのジャギっている問題を調査・解決するネタで書こうと思い、上記のようなことで遅れてしまっての投稿となってしまいました。。。笑汗

他にもAR上にShaderを動かすネタでやりたいことが1~2個あるんで、また何か試して来年どっかでアップしようと思いますー( ✌︎'ω')✌︎

 

gremito
Freelance Engineer: Unity / Android / Xamarin / CodeIgniter / FuelPHP / CakePHP / WordPress / Rails / AWS / MySQL / SQLite / Jenkins / Docker / Firebase / LINE Bot ...etc
unity-game-dev-guild
趣味・仕事問わずUnityでゲームを作っている開発者のみで構成されるオンラインコミュニティです。Unityでゲームを開発・運用するにあたって必要なあらゆる知見を共有することを目的とします。
https://unity-game-dev-guild.github.io/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした