Help us understand the problem. What is going on with this article?

EasyOpenVRUtil (UnityでのOpenVR直叩き支援ライブラリ)

More than 1 year has passed since last update.

EasyOpenVRUtil

かゆいところに微妙に手が届かないSteam VR Pluginの仕様を見て、
補助ライブラリを作りたくなりました。

OpenVRに直接アクセスして、
Steam VR 2.0で色々おもしろいことになった入力システムを無視して
コントローラやトラッカーの座標を取得したり、
識別しにくいトラッカーをシリアル番号で識別できたり、
バッテリー残量を取得できたり、
VR内スクリーンショットを勝手に撮影したり、
デバイス一覧を取得したり、
非VRアプリケーションだけどトラッカーやコントローラーの姿勢を取得したりできます。

3時間で作ったのでデバッグ不足なところがあるかも知れません。不具合報告お願いします。

↓ダウンロード
EasyOpenVRUtil
https://github.com/gpsnmeajp/EasyOpenVRUtil

CC0ライセンスです。
バグ報告などは、コメント、メール、もしくはDiscord:https://discord.gg/QSrDhE8まで

使い方

詳細はこちらをご参照ください。
https://github.com/gpsnmeajp/EasyOpenVRUtil/wiki

例えば特定のシリアル番号を持つVIVEトラッカーの位置を
装着位置や角度をリセットした上でGameObjectに反映する処理は以下のように書けます。

using System.Collections;
using System.Collections.Generic;
using UnityEngine;
using EasyLazyLibrary;

public class VRTracker : MonoBehaviour {
    public GameObject Tracker;
    public string serialNumber;
    EasyOpenVRUtil eou;
    EasyOpenVRUtil.Transform offset;

    void Start () {
        eou = new EasyOpenVRUtil();
    }

    void Update () {
        eou.Init(); //初期化処理(初期化後は特に何もしない)
        eou.AutoExitOnQuit(); //VRシステムの終了を検知して自動終了する

        //シリアル番号を指定して、姿勢情報を取得
        var t = eou.GetTransformBySerialNumber(serialNumber);
        if (offset == null)
        {
            //一番最初に取得された位置情報を、初期姿勢とする
            offset = t;
        }
        //初期姿勢からの変化を、GameObjectに反映する
        eou.SetGameObjectLocalTransformWithOffset(ref Tracker, t, offset);
    }
}
gpsnmeajp
電子工作が主な趣味ですが、PC用のツールを作るのも好きです。 特にライセンスを明記していないソースコードのライセンスについてはCC0です。
https://sabowl.sakura.ne.jp/gpsnmeajp/
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした