Edited at

wordpress・SES経由でメールを送信できるようにする


WP Mail SMTPというWordPressプラグインを使う


  • プラグイン > 新規追加から検索し、インストール→有効化まで。


Amazon SESのSMTPサーバーを使う

SESで送信アドレスの認証

SES(Simple Email Service)

リージョンは、


  • 米国東部

  • 米国西部

  • EU(アイルランド)

まず、SES経由で送信したいメールの、

「送信元アドレス」をSESに登録して認証する必要があります。

サイドバーのEmail Addressesから「Verify a New Email Address」ボタンをクリック。

ここで、「送信元アドレス」として使いたいメールアドレスを入力します。

入力して「Verify This Email Address」をクリックすると、

認証メールが飛んできます。

メール本文内のリンクをクリックして認証完了しましょう。

こんな感じでverifiedになってたらOKです。

次に、また左のサイドバーからSMTP Settingsをクリックし、

Create My SMTP Credentialのボタンを押します。

次に、IAM作成画面へ移行します。

そのまま右下の「作成」をクリック。

するとIAMユーザが作成されました。

CSVが出力されるので、


  • SMTPユーザー名

  • SMTPパスワード

をメモっときましょう。

IAM User : xxxxxx

Smtp User : xxxxxxxxxxx

Smtp Password : xxxxxxxxxxxxxxxxxxx

これでAWS側の設定は完了です。


WP Mail SMTPの設定

次に、WordPressにインストールしたWP Mail SMTPの設定を行います。

SESのSMTP Settingに


  • Server Name

  • Port

を設定します。


WordPress WP-SMTP


テストメール送信

受信できたら成功です。