Kivy

Kivyアプリ実行時に引数を与えるだけで使えるようになる便利なツール群

kivy.modules

このパッケージ内にあるのが、プログラム実行時に組み込むことができる便利な機能/道具たちです。詳しくは公式に書いてあるので、ここでは幾つか良さ気な物を選んで書きます。

Inspector

使いたい時はpython ./main.py -m inspectorのようにコマンドに-m inspectorを付けるかソースコードに

from kivy.config import Config
Config.set('modules', 'inspector', '')

と書きます。

アプリが立ち上がってから Ctrl + E を押すと

kivy.modules.inspector.00.png

が出てくるので 画面上にあるWidgetをどれでもいいのでClick。

kivy.modules.inspector.01.png

それから下にある <kivy.uix.button.Button...> と書かれたButtonを押すと

kivy.modules.inspector.02.png

KivyのPropertyの値を確認できます。

Keybinding

使いたい時はInspectorと同じ要領で、手順中のinspectorkeybindingに代えてください。

このmoduleは幾つかの機能をKeyboardに割り当てます。

  • F11 ... Windowを回転
  • Shift + F11 ... landscape,portraitの切り替え
  • F12 ... Screenshot撮影(OSの持つScreenshotとは違ってWindowの枠は含まれない)

TouchRing

画面を触っている間(MouseのButtonを押し下げている間)その位置に白い輪っかを表示してくれます。

kivy.modules.touchring.00.png

このmoduleは上の2つとは違い、任意で追加の引数を与える事ができます。例えば白い輪の代わりに好きな画像を使いたい時は

コマンドならpython ./main.py -m touchring:image=好きな画像.png、ソースコードからなら

from kivy.config import Config
Config.set('modules', 'touchring', 'image=好きな画像.png')

とします。

kivy.modules.touchring.01.png

さらに透明度と拡大率を指定

python ./main.py -m touchring:image=好きな画像.png,alpha=0.5,scale=2

from kivy.config import Config
Config.set('modules', 'touchring', 'image=好きな画像.png,alpha=0.5,scale=2')

kivy.modules.touchring.02.png