Posted at

PC重たいのでターミナルでQiitaの記事検索・閲覧ツール[gota]を作った

こんにちわ

外で作業するときに使用しているMacBookのパワーが足りなくてブラウザがもっさりしているので、

Qiitaの記事を探したり見たりするのをターミナルでできたら、作業スピード上がりそうじゃない?と思ったので作りました。

こんな感じです。


できること



  • 記事の検索

    入力したキーワードがタイトルに含まれている記事一覧を表示します。

    今はまだ検索条件を指定できないが、これからできるようにしていく予定です。




  • 検索結果の絞り込み

    検索結果から更にキーワードによる絞り込みができます。




  • 記事閲覧

    browserを開いて閲覧するか、ターミナルに出力して閲覧するかを選択できます。

    browserの場合はデフォルトブラウザが開きます。




    terminalの場合は標準出力になります。




    ただし、ブラウザで開くのはWindowsとMacのみ対応しています。

    それ以外のOSは手動で開くか、terminalで見るかになります。


  • 操作方法



    • 記事検索時

      Ctrl+d:終了

      Ctrl+c:終了

      Enter:検索



    • 検索結果一覧時

      Ctrl+c:検索

      Ctrl+d:終了

      jkhl or ←↓↑→:記事の選択

      Enter:記事の閲覧方法選択



    • 閲覧方法選択時

      Ctrl+c:検索

      Ctrl+d:終了

      Enter:閲覧

      ※ターミナルで記事の中身が出力されたあと、任意のキーを押すと検索結果一覧に戻ります




導入方法

README.mdに書いてあります。

Goの環境があるなら、以下の様にgo getするだけです。

go get -u github.com/samfoo/mdcat

go get -u github.com/skanehira/gota

mdcatはターミナル上でMarkdownを良い感じに表示してくれるツールになります。

これがないとターミナル上記事を見れないので注意してください。

Dockerを使っている方はdocker run --rm -it skanehira/gotaするだけで使えます。

上記通り、ブラウザで開けないので手動で開くかterminalで見るかになります。


まとめ

作って見たものの、ターミナル上Markdownは見づらいですね…

画像も見れないし、リンクジャンプもできないし、長い内容だとターミナル自体がもっさりしてしまいます。

検索はサクッとできますが、やはり見るのはブラウザが一番かなと思いました。

terminalでMarkdown閲覧はあまり役に立たないので、良ければ検索メインで使って頂ければと思います。