Edited at

Rider EAPでPlantUMLを使ってみる

More than 1 year has passed since last update.

Rider EAPでPlantUMLを使ってみたので経緯、使い方などを綴る。


経緯

クラス図を書くためのツールを探していたら、IntelliJ IDEAでPlantUMLが使えるプラグイン「PlantUML integration」なるものがあることを知った。

Riderでも使えるのではと思い、試してみた。


PlantUMLとは

UMLをテキストで書けるツール。

テキストなのでマージとか出来るらしい。


インストール


PlantUML integration

インストールは簡単。

1. RiderのPreferences->PluginsでBrowse repositoriesを選択

2. PlantUML integrationをインストールする


Graphviz

Graphvizも必要らしい。homebrewで簡単。

brew install graphviz


使い方


設定

プラグインの設定でGraphvizのパスを指定する必要がある。

Preferences->Other Settings->PlantUMLの「Graphviz dot executable:」に以下を指定。

/usr/local/bin/dot


作成

いざ使おうとしたときに問題発生。

IntelliJ IDEAではコンテキストメニュー->NewからPlantUML用のファイルを作成できるらしいが、Riderでは表示されなかった。

そこで、コンテキストメニュー->New->Fileから"Hoge.puml"と名前をつけてファイルを新規作成した。

中身は適当に下のような感じにした。

@startuml{hoge.png}

title サンプル
class Hoge
@enduml

Hoge_puml_-_EmptyProject_-____Projects_RiderProjects_EmptyProject_EmptyProject_sln__-_Rider_1_0_EAP.png

何もないクラス図だが表示された。