Edited at

目的のRealmDBの中身をRealmBrowserで一瞬で開く方法

More than 3 years have passed since last update.

Realm関連の小ネタです。

iOSシミュレータでアプリを開発している時にRealmDBの中身を一瞬で確認できます。


手元の環境

Xcode 6.3.1 で動作確認しました。それ以外の環境での動作確認は行っていません。


準備1: Realm Browser のインストール

2015/07/27 更新

Realm Browser が Mac App Store からDL可能になりました!!!

やること:Realm Browser をパスが通ったところに配置する

1. http://realm.io/ から Objective-C あるいは Swift 用のzipファイルをダウンロードする

2. zipを解凍して、browser ディレクトリの中にある "Realm Browser" をパスが通ったところに配置する(例えば、/Applications)

4. Finder から "Realm Browser" を選択し、コンテキストメニューを表示させてから「開く」を選択

(第三者からのアプリケーションを実行するには、手動での検証が必要なため)


準備2: open-realm.sh のインストール(省略可)

やること:今回作ったスクリプト open-realm.sh をインストールする

こちらも同様にパスが通ったところにおいてください。

「スクリプトなんかインストールしたくない!」という方はワンライナーの方法も紹介するので、この準備はスキップしていただいて大丈夫です。


コマンド

準備が終われば、以下のコマンドを実行してください。

実行すると Realm Browser が開くはずです!

$ open-realm.sh

ワンライナー

$ open $(find ~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/$(ls -t1 ~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/ | head -1)/data/Containers/Data/Application/ -name \*.realm)

開かなかったら教えて下さい!!!


追記

shellの設定ファイルにaliasを書くやり方もあるったので、追記します。

# RealmBrowser

if [ `uname` = "Darwin" ]; then
alias open-realm="open $(find ~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/$(ls -t1 ~/Library/Developer/CoreSimulator/Devices/ | head -1)/data/Containers/Data/Application/ -name \*.realm)"
fi