Help us understand the problem. What is going on with this article?

Sublime Text 用プラグイン sublime-cakephp-find の使い方

More than 5 years have passed since last update.

Sublime Text 2 用のプラグイン「sublime-cakephp-find」の使い方を簡単にご説明します。
これは CakePHP で作業中にファイルを検索できたり移動が楽になるプラグインです。

Sublime Text 2\Packages\sublime-cakephp-find

CakePHP の最新版のバージョン 2.4.0 で説明していきます。(2013/08/31)
https://github.com/cakephp/cakephp/archive/2.4.0.zip

検索

cakephp の Zip を解凍したら、その中にコントローラとビューを作成してください。

app\Controller\SamplesController.php
<?php

App::uses('Controller', 'Controller');

class SamplesController extends Controller {
    public $helpers = array("Form");
    public function index() {
    }
}
app\View\Samples\index.ctp
Samples / index.ctp

SamplesController の3行目 App::uses('Controller', 'Controller'); の上にマウスカーソルを置いて、 Ctrl + Shift + c, f を続けて順番に押してください。

sample01.png

すると、 lib\Cake\Controller\Controller.php のファイルが開きます。
Ctrl + Shift + c, f のコマンドは、マウスカーソルが置いてあるコードを読み取って該当するクラスを検索します。

次に、SamplesController の6行目 public $helpers = array("Form"); の "Form" の上にマウスカーソルを置いて、 Ctrl + Shift + c, f を続けて順番に押してください。

sample02.png

今度は、 lib\Cake\View\Helper\FormHelper.php のファイルが開きます。
Helper の文字が省略されていても、自動的にクラス名を補完して検索します。

このようにコードを読み取ってファイルを開くことができます。

移動

SamplesController の7行目 public function index() { の上にマウスカーソルを置いて、 Ctrl + Shift + c, v (f ではない)を続けて順番に押してください。

sample03.png

対応するビュー app\View\Samples\index.ctp のファイルが開きます。
その場で Ctrl + Shift + c, c (f ではない)を順に押すと、元のコントローラ app\Controller\SamplesController.php のファイルに移動します。

c, v, m のコマンドがそれぞれ Controller, View, Model に対応しています。

フォルダ移動

マウスを使わずにキーボードだけでフォルダを移動できます。
Ctrl + Shift + c, Ctrl + c を順に押すと、エディタの上部にパネルが開いてコントローラの一覧が表示されます。

sample04.png

ファイル名を選択すると開きます。
一番上の ../ を選択すると、一つ上の階層に移動します。

コントローラ以外のフォルダへのショートカットキーは、Wiki に記載されています。
https://github.com/gold1/sublime-cakephp-find/wiki/Wiki-日本語

補足

  • 検索機能は Cake のコアの部分のソースを読むときや、他の人のコードを読んで関数を調べたいときなどに役立つと思います。
  • Emacs の CakePHP 用プラグイン emacs-cake2 のソースを移植してそれを拡張して作成しています。
gold1
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away