Posted at

eclipse 環境構築メモ(プロクシ設定編)

More than 5 years have passed since last update.


eclipse 環境構築メモ(プロクシ設定編)


はじめに

PHPでのプログラミングとして、いつもはテキストエディタか規模が大きくなると、NetBeanseをつかっていました。eclipseのPHP版など使いたくなかったのですが、eclipseができて、NetBeanseができないことがあります。それは、ひとつのプロジェクトのなかで文字コードが混在する場合、eclipseだとファイル単位で文字コードを指定することができることです。NetBeanseはプロジェクト単位で文字コードを統一しないといけません。使い勝手や起動の速さなど個人的にはNetBeanseが好きなんですが、改修という業務で使う場合、文字コードが混在することはよくあります。現場によっては、メジャーなフリーソフトしか使ってはダメというところがあるので、eclipseを選択しました。

現職ではプロクシをつかっているため、eclipseにも適用させないといけません。

そのときのメモなど。上から順に試していって、つながったら以降はしなくてOKです。


実施環境

■MergeDoc Project: Eclipse

http://mergedoc.sourceforge.jp/

Eclipse 4.3 Kepler PHP ver.

Standard

■XAMPP

http://www.apachefriends.org/jp/index.html

環境変数など設定するのが面倒なので個別インストールが良し


eclipse側設定

[ウィンドウ] -> [設定] -> [一般] -> [ネットワーク接続]

「Active」を「Manual」に変更し、「HTTP」および「HTTPS」の設定を行えばOK。

なお、プロキシ側にsocksの設定が無い場合、下手に「SOCKS」を設定してしまうと接続できなくなるので注意。

プロキシが HTTP/HTTPS にしか対応していない場合でも、SOCKS のところにプロキシ設定が入力されていると、Galileo以降 はそちらを使おうとしてしまい、接続できなくなることがある。解決するには、SOCKS の行を選択して、右側の Clear ボタンを押す (もちろんその後 Apply を押すのも忘れずに)


設定を直接書き換える(それでもつながらない場合)

[ウィンドウ] -> [設定] -> [一般] -> [ネットワーク接続]

この設定が書き込まれるファイルは以下のため直接書き換える。

eclipse -clean で起動。


\eclipse\configuration.settings\org.eclipse.core.net.prefs


eclipse.preferences.version=1
nonProxiedHosts=
org.eclipse.core.net.hasMigrated=true
proxiesEnabled=true
proxyData/HTTP/hasAuth=true
proxyData/HTTP/host=<PROXYSERVER>
proxyData/HTTP/port=<PORT>
proxyData/HTTPS/hasAuth=true
proxyData/HTTPS/host=<PROXYSERVER>
proxyData/HTTPS/port=<PORT>
systemProxiesEnabled=false



NTLMv2 を使用している環境でプロキシ認証に失敗する現象(それでもつながらない場合)

eclipse.ini に起動オプション を末尾に追記する。

Eclipse 起動時のシステムプロパティに以下を指定する。

1 行目は HttpClient を使わないようにする設定。

2 行目以降はプロキシの設定なので、自分の環境に合わせて書き換える必要がある。

パスワードを書かなければいけないので、やや危険。

NTLMv2 と BASIC 認証の両方をサポートしているプロキシの場合、HttpClient を有効にしたままでも、ユーザ名を「mydomain\myusername」の形式で入力すると通ることがある。通常はユーザ名のみでOK。

eclipse -clean で起動。


\eclipse\eclipse.ini


-Dorg.eclipse.ecf.provider.filetransfer.excludeContributors=org.eclipse.ecf.provider.filetransfer.httpclient
-Dhttp.proxyPort=8080
-Dhttp.proxyHost=myproxy
-Dhttp.proxyUser=mydomain\myusername
-Dhttp.proxyPassword=mypassword
-Dhttp.nonProxyHosts=localhost|127.0.0.1



他バージョン管理でプロキシ設定が残っている現象(それでもつながらない場合)

.eclipse\org.eclipse.equinox.security\secure_storage をリネーム

eclipse -clean で起動。

SVN とか Maven とか git とかの proxy設定は、それぞれ別の設定ファイルがあるからそっちで設定。


参考資料

http://xiaoxia.exblog.jp/18687963


まとめ

Android開発でeclipseを使っていたのでそれほど操作に違和感はないけど、できればNetBeanseが好き。

NetBeanseいいよ、NetBeanse・・・