XamarinでiOSリモートシミュレータを使ってみた

本記事は、[初心者さん・学生さん大歓迎!] Xamarin その1 Advent Calendar 2017 の7日目となります。埋めますよ~!

iOSリモートシミュレータとは

WindowsでXamarinを使用してiOSアプリ開発していると、iOSアプリの動作確認を行う場合、同一ネットワークにあるMacで次のどちらかを行います。

  • iOSシミュレータを使用する
  • iOS実機を使用する

今回はシミュレータを使用する場合のお話です。

Macが近くにないとき、隣りの机にMacはあるけど(椅子が回転しないので)体の向きを変えるのがつらい&めんどくさいとき、など、Windows上でiOSシミュレータが確認できれば便利です。

それを実現してくれるのが、iOSリモートシミュレータ(Remoted iOS Simulator)です!

この仕組自体はもともとVisual Studioに搭載されていましたが、Enterprise Editionのみで使用できました。
つまり、Community Edition等では使えません。残念。

しかし!
つい先日のアップデートで、Community Editionでも使用できるようになりました!

というわけで

本記事では、今までiOSリモートシミュレータを使用できなかった方向けに、使用手順をまとめました。

前提

Windowsと同一ネットワーク上にMacがあり、今までで使用している前提とします。

確認環境

  • Windows 10
  • Visual Studio 2017 Community (Ver15.5)
  • Visual Studio 2017 for Mac Community (Ver7.3)

01.png

バージョンの右側が豆腐になっていますね。。。

手順

バージョンアップ

まずはVisual Studioのバージョンアップを行いましょう。

Windows

Visual Studioを起動し、ツールツールと機能を取得を選択します。

02.png

下記の画面が表示されたら、更新しましょう。なお下記は更新後の画像となります。

03.png

Mac

Visual Studio for Macを起動し、左上のVisual Studio Community更新の確認を選択し、更新しましょう。

04.png

必要ツールのインストール

こちらにアクセスし、ツールをダウンロード&インストールします。

05.png

接続準備(Windows)

Macとの接続確認

WindowsでVisual Studioを起動し、適当なXamarinプロジェクトを開きます。

同一ネットワーク上のMacと接続されていることを確認してください。

下記のようになっていればOKです。

06.png

Macと接続できていない場合は、

  • 切断→再接続
  • Visual Studioの再起動
  • 更新がないか再度確認してみる
  • Mac上に「接続を許可しますか?」というメッセージが出ていれば許可する

など試してみてください。

オプション変更

ツールオプションを選択し、XamariniOSの設定を選択します。
続いて、リモートSimulatorからWindowsへにチェックを入れます。

07.png

以上です!

なお、このチェックを外せば、今まで通りMac上で起動します。

あとは

今まで通り、iOSシミュレータを選択してビルド&起動すればOKです!

次のようになります。

08.png

でかい。

参考

最後に

お疲れ様でした。よいXamarinライフを送りましょう!

明日はtomopy03さんです。よろしくお願いします。