サンプル

https://github.com/github0013/rails_percel

流れ

  1. webpacker無しのrailsで良い
  2. parcelを通常通り使う
  3. javascriptはapp/javascript/packs配下でもどこでも良い
  4. parcelの出力先はapp/assets配下へ (例 app/assets/bundled
  5. config/initializers/assets.rbに出力したファイルをprecompileのリストへ追加
  6. parcelでコンパイルしたjsファイルは通常通りjavascript_include_tagで呼び出す

# これにて app/assets/bundled 配下にファイルが出来る
yarn run parcel app/javascript/packs/hello_world.jsx -d app/assets/bundled

# 続けてサーバー起動
rails s 


# またはproduction環境で
# 5.のprecompileリストへ追加をしているのでparcelでコンパイルしたものも、digest付きファイルは出力される
rails assets:precompile RAILS_ENV=production
rails s -e production 

注意点

assets:precompileの時に普通config/environments/production.rb

config.assets.js_compressor = :uglifier

で、難読化されるが、uglifiergem自体のバージョンが古いとブラウザでの実行時にエラーが出る事がある。

Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account log in.