Help us understand the problem. What is going on with this article?

Twitterで特定のユーザから画像を取得する

はじめに

SLP KBIT Advent Calendar 2019の記事です。
前からtwitterでの画像収集などをやってみたいと思っていたので、この機会にやってみました。
今回のプログラムは特定のアカウントのツイートから画像をダウンロードするプログラムです。

環境

Python3.7.5

準備

今回twitterに上がっている画像を表示させるので、そのためのキーが必要になります。
キーの取得方法はググれば出てくるので割愛します。
tweepyを使うので、インストールしておきます。

pip install tweepy

取得したキーを入れるファイルを作ります。
実行ファイルと同じ場所でもいいですが、個人的にこのほうが良かったので・・・

config.py
CONFIG1 = {
    "CONSUMER_KEY":"XXXXXXXXXXX",
    "CONSUMER_SECRET":"XXXXXXXXXXXX",
    "ACCESS_TOKEN":"XXXXXXXXXXXXXXXXXXX",
    "ACCESS_SECRET":"XXXXXXXXXXXXXXXXX",
   }

画像取得

必要なものをインポートし、config.pyからキーを持ってきます。
下から3行はAPIを使うために必要です。

twitter.py
import tweepy
from config import CONFIG
import urllib.request
import re


CONSUMER_KEY = CONFIG["CONSUMER_KEY"]
CONSUMER_SECRET = CONFIG["CONSUMER_SECRET"]
ACCESS_TOKEN = CONFIG["ACCESS_TOKEN"]
ACCESS_SECRET = CONFIG["ACCESS_SECRET"]

auth = tweepy.OAuthHandler(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET)
auth.set_access_token(ACCESS_TOKEN, ACCESS_SECRET)

api = tweepy.API(auth)

プログラム全体

ターミナル上で動くプログラムで、IDを与えると、そのIDのアカウントからツイートを取得し、画像ツイートがあった場合、ダウンロードするものである。

twitter.py
import tweepy
from config import CONFIG2
import urllib.request
import re


CONSUMER_KEY = CONFIG["CONSUMER_KEY"]
CONSUMER_SECRET = CONFIG["CONSUMER_SECRET"]
ACCESS_TOKEN = CONFIG["ACCESS_TOKEN"]
ACCESS_SECRET = CONFIG["ACCESS_SECRET"]

auth = tweepy.OAuthHandler(CONSUMER_KEY, CONSUMER_SECRET)
auth.set_access_token(ACCESS_TOKEN, ACCESS_SECRET)

api = tweepy.API(auth)

#キーワードで検索
def log(user_name, count, id):
    result_url = []
    for i in range(0, 2):
        results = api.user_timeline(screen_name=user_name, count=count, max_id=id)
        id = results[-1].id
        for result in results:
            if 'media' in result.entities:
                judg = 'RT @' in result.text
                if judg == False:
                    for media in result.extended_entities['media']:
                        result_url.append(media['media_url'])
    return result_url

def extract_pic_file(image_url):
    m = re.search(r"(([A-Za-z0-9]|_)+\.(png|jpg))", image_url)
    if m:
        name = 'img_dl/' + m.group(0)
    else:
        name = 'img_dl/None.png'

    return name

def save_image(url, name):
    count = 1
    for image_url in url:
        file_name = extract_pic_file(image_url)
        urllib.request.urlretrieve(image_url, file_name)
        count += 1

def fast(user_name):
    results = api.user_timeline(screen_name=user_name, count="1")
    for result in results:
        id = result.id
    return id

def start():
    count = 100
    user_name = input("IDを入力>>")
    id = fast(user_name)
    url = log(user_name, count, id - 1)
    save_image(url, user_name)

if __name__ == "__main__":
    start()

流れ

log関数によってURLを取得し、save_image関数で指定したフォルダに画像を保存する。

関数の説明

log関数

アカウントID、取得ツイート数、ツイートIDを引数として受け取ります。
resultsをfor文で渡していきます。画像のURLはjsonのような形で格納されているので、それを取り出し、result_urlに格納します。それを返り値にします。
今回リツイートした画像は取得したくないので、if文で除外するようにしています。

sava_image

名前の通り、画像を保存する関数になります。その際、URLでは保存するときにエラーが出るので、extract_pic_file関数を呼び出して、ファイル名を変換します。

extract_pic_file関数

正規表現を用いて、画像のファイル名をURLから決めている。こうすることで、同じアカウントから画像を取得する際に、画像が被ることを防ぎます。

fast関数

例外処理のための処理である。
これが必要な理由は、log関数はツイートのIDを引数として受け取り、そのツイートより過去のツイートを取得するようになっている。そのため、初めの例外処理が必要となる。

終わりに

人にわかりやすく書くのは苦手ですね。
自分は関数の中で何が行われているかが書いていたほうが、わかりやすいと感じたので、関数ごとの説明を書きました。

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした