Edited at

毎度同じ雛形のCellClassをShellで生成して楽してみた


はじめに

この記事を書いた理由は一つ・・・

毎度同じ雛形(importするライブラリ、継承、準拠するClassとProtocolがわかってる場合)毎度書くのめんどくさい

そんな問題を解決出来ないか?と考えた結果試してみて良さそうだったので記事にしてみました。

例は限定的で汎用性高くないのは課題ですが、解決方法の一例としてみてもらえるとmm


内容

shellで変える必要があるところだけ引数で変えてしまう


generateCell.sh

#! bin/sh

NAME=$1

cat << EOL > ${NAME}Cell.swift

import UIKit
import Instantiate
class ${NAME}Cell: UITableViewCell, Reusable, NibType {

struct Dependency {}
func inject(_ dependency: ${NAME}Cell.Dependency) {}

override func awakeFromNib() {
super.awakeFromNib()
}
}



実行

sh generateCell.sh Profile


おわりに

もっと良き方法はあるなと思ってるので自分でも模索してみよう!

うちではこんな感じでファイルの自動生成やってるよ!ってあればコメントいただけると嬉しいです!