Help us understand the problem. What is going on with this article?

[RDSへのデータ移行]1.SCT(AWS Schema Conversion Tool)の設定

検証前提

  • RDS for OracleからAurora PostgresSQLへのデータ移行を検証する
    • 今回は検証のため、同一VPC上にRDSとAuroraを構築
  • 検証ステップ

    • 1.SCTでスキーマ変換
    • 2.DMSでデータ移行
  • RDS/AuroraとSCT用のEC2は作成済み

項目 ソースDB ターゲットDB
エンジン RDS for Oracle Aurora PostgreSQL
バージョン 11.2.0.4 10.7
DBインスタンス名 sourcedb targetdb
VPC foals1-vpc foals1-vpc
サブネット プライベートサブネット プライベートサブネット
EC2 用途 VPC サブネット OS
sct-bastion SCT実行用 foals1-vpc パブリックサブネット Windows
移行単位 移行対象
スキーマ SCOTT

1.SCTのダウンロード

  • AWSの管理コンソール → DMSの管理コンソール
  • AWS SCTのダウンロードをクリック

1.sct.png

2.sct.png

  • 「ソースDB」「ターゲットDB」用にJDBCドライバをインストールするために「必要なデータベースドライバのインストール」から必要なドライバをローカル上(今回はMac)にダウンロード
    • 注意
      • 最新(2019/11/08時点)のSCTではOracleの JDBCドライバ 12.1はサポートされない。12.0.0.0以上が必要
      • Oracleの最新のJDBCドライバは「JDBC and UCP Downloads page」からダウンロード可能
      • 今回は、12.2.0.1のojdbc8-full.tar.gzをダウンロード
  • EC2(Windows)にダウンロードしたファイルを転送
  • 今回は、JDBCドライバをC:¥jdbcに配置しておく

2.SCTの設定

  • SCTのzipファイルを解凍しインストーラを実行
  • AWS Schema Conversion Toolを起動
  • Acceptをクリック 3.sct.png
  • こんな画面になる
    • 一旦「Create a new database migration project」を閉じておく(右上のバッテン) 4.sct.png
  • Settings → Global settingsをクリック 7.sct.png
  • Global settingsでDriversを選択
    • ソースDBとターゲットDB用のJDBCドライバのファイルパスを追加 8.sct.png

3.SCTでプロジェクト作成

  • File → New project wizardをクリック 9.sct.png
  • 「Step1.Choose a source」
    • プロジェクト名に任意の名前をつける
    • Transactional database(OLTP)
    • Source database engine:Oracle
    • 今回はa)を選択
      • a)I want to switch engines and optimize for the cloud(エンジンを切り替えてクラウド向けに最適化したい)
      • b)I want to keep the same engin but optimize for the cloud(同じエンジンを維持したいが、クラウド向けに最適化したい)
      • c)I want to see a combined report for database engine switch and optimization to cloud(データベースエンジンの切り替えとクラウドへの最適化に関する複合レポートが見たい) 5.sct.png
  • 「Step2.Choose to the source database」
    • 各項目を入力しNEXT 10.sct.png
  • 「Step3.Choose a schema」
    • 分析するスキーマを選択
      • 今回はSCOTTユーザ 11_sct.png
  • NEXTを押すとLoadingが開始する 12.sct.png
  • 「Step4.Run the database migration assessment」 13.sct-bastion.png
  • サマリーを確認できる

    • Aurora(PostgreSQL)の場合はこんか感じ 14.sct-bastion.png
  • 「Step5.Choose a target」

    • ターゲットDBの接続情報を指定しTest connectionをクリックし接続確認
    • Connection successfulとなったらFinish 15.sct-bastion.png
  • 次の画面になる

    • キャンセルを選択 16_sct-bastion.png

続き→[RDSへのデータ移行]2.SCT(AWS Schema Conversion Tool)でスキーマ変換

Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away