プログラミング
tips
タスク管理
作業効率化

キッチンタイマー買ったら作業効率が倍になった話

Screen Shot 2017-09-28 at 16.46.36.png

(この記事を書き始める前にも25分のタイマーをセットしました。)

今回使うタイマーは..

上限99分で時間が来ると無音&光で教えてくれるタイプのものです。
詳しい仕様はこちらから

それでは、タイマーを買ってとっても幸せになった話をしていきます。

タイマーを使った作業のフロー

1~3まであります。

1. 進めるべき作業を選択

ここで言う作業とは、「プロダクトAの作業を進める」や「溜まってる連絡を返す」などのざっくりした内容のことです。

2. タスクに分解

タスクとは、「バグAのコードをする(プルリク作成は含まなない)」や「山田さんの連絡を返す」や「Qiitaにタイマー記事を投稿する」などです。
特徴としては

  • チームで管理されてるものではなく、個人のメモのようなもの
  • サイズが小さくてかかる時間が想像できる

といったものです。

3. タイマースタート

選択したタスクにかかる時間を見積もってタイマーをスタートします。
正確である必要はなく直感的に決めれば良いです。
私の場合だと、5~30分の間になることが多いです。1日に二回くらい60分以上のタスクもあります。

4. 時間内に終わらなければ、もう一度タイマーセット

時間内にタスクを終えられなくても全然大丈夫です。意味があるのはこのフローそのものなのです。
なので、時間を再見積もりして追加します。

どう良いのか

結論から言うと効率が倍になりました。
理由は以下のような感じかと思います。

  1. 常にタスクを分解するくせがつく
  2. タスクにかける時間かけた時間を意識できる
  3. 途中で他の作業をせず、一つのタスクに集中できる

あと東大医学部の人もタイマーが良いって言ってました。
(ここでタイマーが光ったので、20分追加しました。)

意外としんどくないですよ

やる前はタイマーで自分を管理したらノイローゼになるのではくらいに思っていたのですが、全然そんなことないです。
タイマーを使う前は1日の作業をタスクまで分解できておらず、ただ漠然と忙しいなあと感じてました。
今思えば、そちらのほうが精神に与える負担は大きかったです。
タイマーは友達みたいなものです。音がならず光るだけのタイマーを使っているのでとても優しく時間を教えてくれます。

タイマーの購入はこちらから

なんでもよいのですが、消音できて光だけで教えてくれるものです。音がなるとプレッシャーで疲れてしまいそうなので。
今回の用途には、私の使ってるキッチンタイマーがぴったりなのでリンクを張っておきます。

Amazon 光と音で知らせる! ! デジタルタイマー
image.png

タイマー教としてのマインド

最近思うのは、時計って不完全だなと言うことです。
時計があれば、他人とリズムを合わせることはできますが、時間を感じる事はできません。
家をでるときに、待ち合わせ時間までのタイマーをセットする方が遥かに時間を感じれます。
自分でも何言ってるかわからなくなってきたけど、

タイマーを持ち歩くってめちゃくちゃ気持ちいですよ。

Screen Shot 2017-09-28 at 17.02.15.png
この記事を書くのにかかった時間は(途中で20分追加したので)45分でした。
測ってみると意外と時間ってかかってますよね。
この感じがどう良いのかで話した「2. タスクにかける時間かけた時間を意識できる」です。