Android
AndroidStudio

Android library projectでBuild.DEBUGを使うtips

More than 3 years have passed since last update.

2016/1/17 追記: この記事はobsoleteです。ライブラリ付属のサンプルアプリならこの方法でいいですが、実際のライブラリでこれをするとdebug buildとrelease buildのアーティファクトが2つ出来てしまい、dependenciesで非常に扱いづらくなります。

Androidでライブラリモジュールからアプリケーションのdebuggableフラグを参照する をおすすめします。


元ネタ: android - BuildConfig.DEBUG always false when building library projects with gradle - Stack Overflow

Android library projectでは Build.DEBUG が常にfalseになります。リリース版アーティファクトはこれでいいのですが、同梱するサンプルアプリでも常にそうなってしまうので、 Build.DEBUG でログを有効にする手法が使えません。

上記stackoverflowエントリによると、Android Gradle Plugin 1.1から以下の設定をすることで、同梱するサンプルアプリから見える BuildConfig.DEBUG がtrueになるとのことで、実際にやってみたところ確かに有効だったのでメモっておきます。

// in the library project

android {
// ...
publishNonDefault true
}

// in example apps

dependencies {
compile project(path: ':library', configuration: 'debug')
}