Help us understand the problem. What is going on with this article?

クリスマスツリーの点滅をリモコン操作する🎄

More than 1 year has passed since last update.

こちらはObniz Advent Calendar 2018 の12月20日の記事になります。

概要

100均のLEDイルミネーション(点灯のみ)とツリーで作ったクリスマスツリーを、
スマホをリモコンにして点灯・点滅を制御できるようにしてみました。
電池の代わりにobniz。という発想。

これにより、クリスマス時期の以下のようなニーズに手軽に応えることができます。
・古い点灯のみのツリーを、手軽で簡単に点滅式に機能アップしたい。(既存の設備を有効活用)
・ツリーが庭にあるので、寒かったりおっくうだったりでスイッチOn/Offのためだけに外に出たくない。(スイッチ機器をリモコン化)
・サンタさん登場に合わせてピカピカさせたい。(手に隠し持ったスマホでONにしてサプライズの演出)

作り方

これを、
Lチカ_OFFLチカ_OFF

これに巻き付けて、
Lチカ_OFF

こんな感じのツリーが出来上がります!
Lチカ_OFF

電池ボックスには電池を入れずに、代わりにobnizをみのむしクリップで繋ぎます。
Lチカ_OFF
Lチカ_OFF

obnizと電池ボックスの間には抵抗が必要です。
電子工作素人の私にはちょとした壁となるので、抵抗入りLEDを使うことで逃げることにしました。
(※後述)
Lチカ_OFF

obniz、モバイルバッテリー、電池ボックスなどごちゃごちゃした部分は、ツリーの中にしまいます。

デモ

スマホをリモコンにして点灯・点滅を制御します。
「点灯→ゆっくり点滅→早く点滅→消灯」の順に操作をしています。

リモコン画面

Lチカ_OFF

プログラム

private_XmasTree.html
<html>
<head>
  <meta charset="utf-8">
  <meta name="viewport" content="width=device-width, initial-scale=1">
  <script src="https://obniz.io/js/jquery-3.2.1.min.js"></script>
  <script src="https://unpkg.com/obniz@1.14.1/obniz.js" crossorigin="anonymous"></script>
</head>
<body>

<center>
<div id="obniz-debug"></div>
<h1>🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄</h1>
<button id="1_on">常時点灯</button>
<p>
<button id="2_on">ゆっくり点滅</button>
<p>
<button id="3_on">早く点滅</button>
<p>
<button id="4_off">停止</button>
<h1>🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄🎄</h1>
<div id="print"></div>
</center>

<script>
var obniz = new Obniz("OBNIZ_ID_HERE");
obniz.onconnect = async function () {

var led = obniz.wired("LED", {anode:0, cathode:1});

  // 1.常時点灯
  $('#1_on').click(function () {
      led.on();
  });

  // 2.ゆっくり点滅
  $('#2_on').click(function () {
      led.blink(1000);
  });

  // 3.早く点滅
  $('#3_on').click(function () {
      led.blink(500);
  });

  // 4.停止
  $('#4_off').click(function () {
      led.off();
  });

}
</script>
</body>
</html>

反省

当初は以下のようにobnizをそのまま電池ボックスに繋ぎました。
Lチカ_OFF

が、写真を撮っている内に次から次へとLEDが消えていきます。
残りあと3個というところまで消えてしまったところでようやく「抵抗が必要かな?」と気づきました。
今Qiitaの記事にしながら写真を改めて見ると、LEDがとても明るいです。↓
電圧が高かったのですね。
「おー!200円なのによく光るな!」と油断していました。。。
Lチカ_OFF

しかし、電子工作素人の私には以下3つの点で時間を要してしまいそうです。
1.何Ωの抵抗にすればよいのかがよく分かっていない。
2.抵抗のカラーバーの読み方がよく分かっていない。
3.もしふさわしい値の抵抗が手元になかったら、わざわざ抵抗だけ買いに行くのは避けたい。

その結果が「抵抗入りLEDをはさんでおけば大丈夫やろ。」という逃げ手です。。。
LEDイルミネーションは一つ買い直しになりましたが。

材料

  • ツリー 100円(セリア)
  • LEDイルミネーション 200円(ダイソー)
  • モバイルバッテリー 100円(ダイソー)
  • obniz
  • 抵抗入りLED(抵抗の代役。。。)
  • ブレッドボード
  • みのむしクリップ

感想

  • イメージ通り短時間で手軽にできた。obnizばんざい!
  • ↓この辺をちゃんと理解できれば電圧を3Vに出来て、その結果ブレッドボードと抵抗が要らなくなるんだろうな。と思う。

javascript SDK リファレンス Peripherals IO
https://obniz.io/doc/sdk/doc/io

Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
Comments
No comments
Sign up for free and join this conversation.
If you already have a Qiita account
Why do not you register as a user and use Qiita more conveniently?
You need to log in to use this function. Qiita can be used more conveniently after logging in.
You seem to be reading articles frequently this month. Qiita can be used more conveniently after logging in.
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
ユーザーは見つかりませんでした