AWS DevDay 2018/11/01 のGraph Database and Amazon Neptuneに参加してきた


目的


  • 弊社では既にOrientDBを使っているものの、バグを踏むことが多く、別のGraphDBでいいものがないか探しに行った


内容


基本的なこと

向いてる関係性
DB

多対多
GraphDB

多対一
RDBMS

一対一
KVS


GraphDB でいける可能性があるもの


  • SQL を書いてみたら、connect by とかwith とか出てきたら可能性あり

  • 個人にカスタマイズされたレコメンデーションやナレッジグラフとかも可能性あり


Neptune の特徴


  • Traversal に特化


    • ノートを起点に同時多発的に情報を探す



  • Analytics には向いていない


    • 全体を見てのクラスタリング等



  • スケーリング、可用性に特徴あり


    • 15個のリードレプリカを立ち上げると10万/秒のクエリ発行が可能



  • インスタンスの性能をあげれば線形にパフォーマンスがあがる

  • トランザクションがある


Neptuneの注意事項


  • 可視化機能がない

  • public ip は付与されないのでVPC内に構築すること

  • 東京リージョンにはまだない(2018/11/01時点)


感想


  • 現在、OrientDBをSQLで使っているけど、他のGraphDBとの互換性を考えるとGremlin を使ったほうが良さそう

  • OrientDB のOSS版だからバグを踏みまくってる可能性もあるので、AWSのSAがいるNeptuneのがもしかすると安心かもしれない