Qiita Teams that are logged in
You are not logged in to any team

Log in to Qiita Team
Community
OrganizationAdvent CalendarQiitadon (β)
Service
Qiita JobsQiita ZineQiita Blog
18
Help us understand the problem. What is going on with this article?
@genre

マージコミットのあるブランチでのgit rebaseには-pオプションを付ける

More than 5 years have passed since last update.

僕の会社ではmasterブランチからtopicブランチをきって開発を行っています。
topicブランチにmasterの差分を取り入れたいときは、mergeではなくrebaseで行うよう推奨しているのですが、稀にmergeでmasterの変更を取り入れてしまう人がいて、topicブランチにmasterブランチからのマージコミットログが残っています。

masterのHEADにマージコミットがある場合はgit reset等を使って、マージコミットをなかった事にしてもらっているのですが、

例)

master
|  topic
|   |
|  ○
| / |
○  ○
|  |
○  ○
| /

masterのマージコミットの上にさらにtopicブランチでの開発をすすめている場合は、修正が厄介です。

例)

master
|  topic
|  |
|  ○ C4
|  |
|  ○ C3
| / |
○  ○ C2
|  |
○  ○ C1
| /

そういう時はgit resetでの修正も面倒になってくるので、以下のようにgit rebase -iに-pオプションをつけて実行して解決します。

git rebase -i -p ${消したいマージコミットハッシュの一つ前のコミット}
※git rebaseで指定するマージコミットのハッシュは上の例の場合はC2のハッシュを指定します。

エディタでマージコミットの行を削除すればマージはなかった事になります。

ほかにいい方法があれば教えてほしいですが、今の所ベストな解決方法かなと思っています。

18
Help us understand the problem. What is going on with this article?
Why not register and get more from Qiita?
  1. We will deliver articles that match you
    By following users and tags, you can catch up information on technical fields that you are interested in as a whole
  2. you can read useful information later efficiently
    By "stocking" the articles you like, you can search right away
genre

Comments

No comments
Sign up for free and join this conversation.
Sign Up
If you already have a Qiita account Login
18
Help us understand the problem. What is going on with this article?