AWS
EC2
インフラ
未経験
SIer

モダンな技術を全く知らないSIer5年目がWebサービスを作ることになったため0から勉強する ~AWS編その2~


はじめに

現在SIer5年目でjavascript(Jqueryのみ)、PHP(フレームワーク無し)を2年ほど、C#(Windowsアプリ)3年ほどやってきました。

色々なご縁があり、個人で最近Webサービスの立ち上げをやることになったのですが何せ本当にWebサービスを立ち上げるための知識がほぼ0に等しいです:sob:

ただ今後のキャリアを考えた時に今のままではいけないと思いチャレンジすることにしました。

まずは最初に技術を習得しないといけないので、学ぶ&アウトプットするために毎回投稿していこうと思います。

今後身についていこうと思ってるのは下記のような技術です。

AWS

Docker

CI/CD環境の構築(何を使うかはまだ未定)

Laravel

Nuxt.js

今回はAWSについて学んでいきます。


関連記事

モダンな技術を全く知らないSIer5年目がWebサービスを作ることになったため0から勉強する ~AWS編その1~


EC2を学ぶ

AWSでは一番有名?なサービスで、自分もAWSは全く勉強してなくてもこのサービス名とこれでクラウドにサーバを建てれるのは知っていました。


EC2インスタンスを起動する

起動までの流れ

大きく分けて5つの流れで構成されています。


  1. OS/Imageの選択

  2. インスタンスタイプの選択

  3. ストレージの選択

  4. セキュリティグループの作成

  5. SSHキーペアの設定

image.png


OS/Imageの選択

どのOSを使用するか選定する

EC2サービスの画面でインスタンス作成ボタンを押下すると

Amazonマシンイメージ(AMI)を選択する画面が出てくる

image.png


クイックスタート

AWSで用意されているデフォルトのイメージ


マイAMI

自分で作成したAMI


AWS Marketplace

他のベンダーが作成したAMI


コミュニティAMI

その他コミュニティで作成されているAMI


インスタンスタイプの設定

インスタンスタイプを一覧から選択する。今回は無料枠にしておく

image.png


ストレージの設定

ストレージの設定を行う

今回は初期値にしておくが、実際Webサービス構築時にはここら辺も考慮が必要かも。。

image.png


セキュリティグループの設定

FWの設定を行える。

ソースの項目の箇所でよりアクセスできるところを限定しておかないとセキュリティ的に危ない

image.png


SSHキーペアの設定

SSHのキーペアを作成し、ローカルに保存しておく。

SSH接続に必要なため

image.png


EC2インスタンスに接続し、ミドルウェアを起動する

立ち上げたEC2にSSH接続し、ミドルウェアを起動する(Apache)


SSH接続する

ターミナルを開いてSSHのキーファイルに移動する

cd {xxx.pemファイルのパス}

SSHキーのファイル権限が大きすぎるためこのままだと接続時にWarningで弾かれてしまう

そのためpermissionの設定を変える

chmod 400 xxx.pem

SSHで接続する

ssh -i udemy-aws-14days.pem ec2-user@{EC2のIPv4 パブリック IP}

httpdのインストールを行う

sudo yum install httpd

httpdを立ち上げる

sudo service httpd start

サーバのIPアドレスでアクセスすると下記の画面が表示されるのでWebサーバが立ち上がったのが確認できる

image.png


AMIを取得する


  1. AMIとして取得したいインスタンスを停止させる

  2. イメージの作成を行う

    image.png


  3. AMIタブを押下し、作成されたAMIを選択し作成ボタンを押下して新たにインスタンスの生成を行う


  4. 通常のインスタンスのアクセスと同様に行い、Webサーバを立ち上げるとこまで行う



EIPでIPアドレスを固定する

通常インスタンスを起動/停止するたびにIPアドレスが変わってしまう。

IPアドレスを固定にするためEIPの設定を行う


  1. [Elastic IP]>[新しいIPアドレス割り当て]>[割り当て]でIPアドレスの払い出しを行ってもらう

    image.png


  2. [Elastic IP]>[アクション]>[アドレスの関連付け]に移動し、関連付けるインスタンスを選択し、[関連付け]ボタンを押下する



注意点

取得したEIPはどこにも割り当てていなくても料金が発生してしまうため

取得したまま放置しないこと

image.png